あなたは一人じゃないからね

詩編46:1-12
46:1 【指揮者に合わせて。コラの子の詩。アラモト調。歌。】

46:2 神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。
苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。
46:3 わたしたちは決して恐れない
地が姿を変え
山々が揺らいで海の中に移るとも
46:4 海の水が騒ぎ、沸き返り
その高ぶるさまに山々が震えるとも。〔セラ

46:5 大河とその流れは、神の都に喜びを与える
いと高き神のいます聖所に。
46:6 神はその中にいまし、都は揺らぐことがない。
夜明けとともに、神は助けをお与えになる。
46:7 すべての民は騒ぎ、国々は揺らぐ。
神が御声を出されると、地は溶け去る。

46:8 万軍の主はわたしたちと共にいます。
ヤコブの神はわたしたちの砦の塔。〔セラ

46:9 主の成し遂げられることを仰ぎ見よう。
主はこの地を圧倒される。
46:10 地の果てまで、戦いを断ち
弓を砕き槍を折り、盾を焼き払われる。

46:11 「力を捨てよ、知れ
わたしは神。
国々にあがめられ、この地であがめられる。」

46:12 万軍の主はわたしたちと共にいます。
ヤコブの神はわたしたちの砦の塔。〔セラ

祈り)
天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
今年は雨も、なかなか降ってほしい所では降らず局所的には降っているようです。
私たちはニュースで困っている地域などの話を聞いて「大変だなぁ」と思うことしかできません。
しかし、
その小さな思いや思いやりが集まるときに
人と人との繋がりをひろげたり神様への祈りとなります。
「私だけが頑張ったって」と思うこともたくさんあるかもしれませんが、
その一つひとつに「ありがとう」と、
神様あなたは丁寧に向き合って下さいます。
人や自分自身を思いやる小さな勇気を持てますように一人ひとりを強めて下さい。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。
アーメン。

神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる。(詩編462)

 

日中はまだまだ暑い日が続いています。皆様、体調を崩されませんように。
いろいろな人たちとの出会いを通し、神様のみ言に新しく出合うことはありませんか。たとえ神様という言葉を使わないとしても、今日出会った人を通して急に励まされたように感じたり、嬉しくなったりしたことがありませんか。後で考えても、どうしてかわからないけど、自分が励ましに感じたり嬉しかったりと感じることがあります。

 何年か前、出身大学で行われる夏期特別講座の授業に参加する機会が与えられました。旧約聖書の講座でしたが、どちらかというと旧約聖書が苦手な私ですが、その特別講座の先生の授業が楽しいので参加しました。その時の内容は「出エジプト記」でした。なぜ私はこの講座を受けたいのかなと改めて考えたときに思いました。「この先生を通して今、生きているみ言を聞きたいんだ。」そう思ったときに私も「出エジプト記」が好きになるかもしれないと、なんだかわくわくしました。

そして、その講座で私に示されたのが「出エジプト記」の14章。これはモーセと共にエジプトを脱出するイスラエルの人々を、神様が海の水を分けてエジプト王の追っ手から救う場面でした。「出エジプト記」14章で語られている「あなたがたと共に神様はおられる」という強いメッセージは、出エジプト記14章をモチーフに、今ご一緒にお読みしました詩編46編でも詩われています。

 「あなたがたと共に神様はおられる」というメッセージはもちろん、いつも私は一人じゃないということと、たくさんの人を通して神様は今も生きて一人ひとりを励まして下さっているんだなと思いました。私たちはたくさんのみ言葉やたくさんの命の中を生かされています。

関連記事