神様はもうあなたを受け容れています

マタイ22:1-14
22:1  イエスは、また、たとえを用いて語られた。
22:2 「天の国は、ある王が王子のために婚宴を催したのに似ている。 22:3 王は家来たちを送り、婚宴に招いておいた人々を呼ばせたが、来ようとしなかった。
22:4  そこでまた、次のように言って、別の家来たちを使いに出した。『招いておいた人々にこう言いなさい。「食事の用意が整いました。牛や肥えた家畜を屠って、すっかり用意ができています。さあ、婚宴においでください。」』 22:5 しかし、人々はそれを無視し、一人は畑に、一人は商売に出かけ、 22:6 また、他の人々は王の家来たちを捕まえて乱暴し、殺してしまった。 22:7 そこで、王は怒り、軍隊を送って、この人殺しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。 22:8 そして、家来たちに言った。『婚宴の用意はできているが、招いておいた人々は、ふさわしくなかった。 22:9 だから、町の大通りに出て、見かけた者はだれでも婚宴に連れて来なさい。』
22:10  そこで、家来たちは通りに出て行き、見かけた人は善人も悪人も皆集めて来たので、婚宴は客でいっぱいになった。 22:11 王が客を見ようと入って来ると、婚礼の礼服を着ていない者が一人いた。 22:12 王は、『友よ、どうして礼服を着ないでここに入って来たのか』と言った。この者が黙っていると、 22:13 王は側近の者たちに言った。『この男の手足を縛って、外の暗闇にほうり出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』 22:14 招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない。」

 

祈り)
天の神様、新しい目覚めを私たち一人ひとりに与えて下さりありがとうございます。
「私たち」と思う時、いろんな私たちを思い浮かべます。
自分の家族であったり、自分が知っている人も知らない人も含めた人間一人ひとりのことだったり、いろいろです。
しかし、神様あなたが与えて下さる命の目覚めは、
あなたが造られたすべての一つひとつに余すことなく与えられます。
私たちは神様がお造りになられたたくさんの命の中の一つであり、たった一つのかけがえのない命です。
そのことを感謝して過ごせる一瞬一瞬でありますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない。(マタイ22:14)

私たち一人ひとりは様々な出会いの中、それぞれの場所でいろんな経験をして、たくさんの方が育てられ成長していきます。そして今、お一人おひとりが感謝いっぱいの今を与えられております。その一瞬一瞬には必ず神様が共におられます。

さて今、皆様とご一緒にお読みいたしました聖書の箇所において、天の国のたとえをイエス様は語られております。ここで、お金持ちできらびやかな衣装をまとってないと祝宴に、すなわち天国には入れませんよとイエス様がおっしゃっているのではありません。「天の国」ではお金も身分も力も必要ありません。それは、たくさんのみ言葉が私たちに語って下さってます。神様の国である天の国も例外ではありません。

じゃあ、いったいイエス様はなにを言いたかったのか。それは「今、あなたも神の国を受け容れるか?」と問われているのです。神様はいつも準備OKであなたを待っています。しかし神様は、神様に心を向けないままでみ国へ入ろうとする人の心を見抜きます。そして、イエス様という愛を通らない魂の汚れを持つ者は容赦なく天の国から追い出します。

それならば私たちに何ができるのでしょうか?イエス様の愛を受け容れるだけです。何も恐れることはありません。すべての一人ひとりはイエス様に愛されて、共に生かされています。

関連記事