言葉にならない時の聖書~自分の気持ちがわからない~

祈り)天の神様、新しい目覚めを与えて下さってありがとうございます。
私たちは与えられているたくさんのものの中で生かされています。朝の空気が冷たいことや水が冷たいこと、すべてのことは神様、あなたに今を生かされているからこそ感じることができるかけがえのないことです。ひとつひとつのことをを感謝して歩むことができますように。

これから語られますみ言葉、この語る者を通してここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。この語る者のすべてをお委ねいたします。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。
アーメン。

【聖書】詩編7編1〜18
正しくいます主にわたしは感謝をささげ
いと高き神、主の御名をほめ歌います。 (詩編7:18)

 

「あれ、今私こんな気持ちでいたんだ」と気づかされる時ありませんか?そのような時や「こんな気持ちを抱いてもいいのかな?」という時があったり。でも、聖書の言葉は飾りません。そして、私たちが読んでいる詩編はほとんどが祈りの言葉です。

私たちは祈る時、言葉を選んでいる余裕がない時もあります。なんて祈ったらいいのかわからない。人を恨んでみたり悲しんでみたり。言葉にできない自分が、何を願っていいのかさえ分からない時もあります。

でも大丈夫です。どんな私でもありのままを受けいれてくださるのが神様です。こんな気持ちのままでは受けいれていただけないのではないかと不安になったりする必要も、今の気持ちをきちんと言葉に表さないと祈りは聞いてもらえないのではないかと不安になることもありません。

神様は今、私たち一人一人の心の状態も、置かれている立場もありのままのすべてをご存知で包み込んでくださっています。私たちは何もできなくても、この詩編の詩人のようにただ心を神様へ向けるだけです。

結果があなたの思い通りではないかもしれません。しかし、必ずあなたにとって一番良い道を神様はいつも示して下さいます。

関連記事