命と聖書 ~私たちの製造元~

マルコ13:28-31
28:マルコによる福音書/ 13章 28節 「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。 29:マルコによる福音書/ 13章 29節 それと同じように、あなたがたは、これらのことが起こるのを見たら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。 30:マルコによる福音書/ 13章 30節 はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。 31:マルコによる福音書/ 13章 31節 天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」
祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。

こんなに小鳥の声が聞こえる季節になったんだなぁって思います。陽の光の温もりや土の匂い、私たちは神様あなたからのたくさんの恵みの中で生かされています。当たり前にやってくる一日はありません。当たり前に与えられる今もありません。一つ一つが今、神様にとってかけがえのない存在である私たち一人一人に与えられているかけがえのない恵みであり愛です。神様あなたに心を向ける時、与えられている今を感謝できるように私たち一人一人の心を備えさせて下さい。

これから語られますみ言、この語る者を通してここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。神様あなたに全てをお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。
アーメン

イエス様はこのように弟子たちへ語られます。

わたしの言葉は決して滅びない。(マルコ13:31)

ヨハネによる福音書の1章1節は「初めに言(ことば)があった」と始まります。イエス様が語りかけられるみ言は、聖書を読んでいる私たち一人一人に今も語りかけられています。私たち一人一人は今どこで生きているでしょうか。私たち一人一人の命はどこで誰が造ったのでしょうか。

私たちの製造元は、どこかの工場や会社ではなく神様です。私たちの出荷先も神様が造られた世界なのです。私たちは大量生産された物ではなく、一つ一つ丁寧に神様に造られ、今も大切にされています。だから神様からの保証もついてるし、安全に安心して生きることができます。

でも残念なことに、生きていると自分がどこから来て、何に生かされているのか忘れてしまうことや不安になってしまうことがあります。

ふっと立ち止まって深呼吸をして、今ある自分を感じてみて下さい。今あなたは神様に生かされています。全ての一つ一つが神様から与えられて今があることを。あなたは今、この時も神様から愛されて存在していることを感じることができます。

イエス様は言われます「私の言(ことば)は決して滅びない。あなたは私の言(ことば)から生まれている」

関連記事