この世の終わりと聖書 ~惑わされないで~

マルコ13:1-13
​ 13:1 イエスが神殿の境内を出て行かれるとき、弟子の一人が言った。「先生、御覧ください。なんとすばらしい石、なんとすばらしい建物でしょう。」 13:2 イエスは言われた。「これらの大きな建物を見ているのか。一つの石もここで崩されずに他の石の上に残ることはない。」 13:3 イエスがオリーブ山で神殿の方を向いて座っておられると、ペトロ、ヤコブ、ヨハネ、アンデレが、ひそかに尋ねた。 13:4 「おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、そのことがすべて実現するときには、どんな徴があるのですか。」 13:5 イエスは話し始められた。「人に惑わされないように気をつけなさい。 13:6 わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがそれだ』と言って、多くの人を惑わすだろう。 13:7 戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞いても、慌ててはいけない。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。 13:8 民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に地震があり、飢饉が起こる。これらは産みの苦しみの始まりである。 13:9 あなたがたは自分のことに気をつけていなさい。あなたがたは地方法院に引き渡され、会堂で打ちたたかれる。また、わたしのために総督や王の前に立たされて、証しをすることになる。 13:10 しかし、まず、福音があらゆる民に宣べ伝えられねばならない。 13:11 引き渡され、連れて行かれるとき、何を言おうかと取り越し苦労をしてはならない。そのときには、教えられることを話せばよい。実は、話すのはあなたがたではなく、聖霊なのだ。 13:12 兄弟は兄弟を、父は子を死に追いやり、子は親に反抗して殺すだろう。 13:13 また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。」
  
  

祈り)天の神様、新しい目覚めを私たち一人一人に与えて下さりありがとうございます。

土の香りや陽の光、風の音。時には激しく怖く感じられ、時にはやさしく語りかけ私たちを包む温もりに感じる時もあります。自然が大きく恐ろしく感じられたり、その自然がやさしく感じたり。神様から与えられる全てを通して、私たち一人一人に与えられている今を感じることが許されています。神様あなたが今というかけがえのない一瞬一瞬を私たち一人一人に与えて下っていることを感謝できる今をありがとうございます。

これから語られますみ言、この語る者を通してここにおられるお一人お一人へと、またお一人お一人の心にあるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。神様あなたに全てをお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。
アーメン

ひそかにイエス様に終わりの時の徴(しるし)について聞く弟子たちに、「私はあなた方一人一人と共にいて、全てを与えているじゃないか、まだわかってくれないのか。」とイエス様は言われません。ただ、「人に惑わされないように気を付けなさい」と言葉を続けられます。

私たちはつい目に見える徴や、自分の常識の中で理解できる計算や数字に流され、「わかった!」と全てを解決したくなるのではないでしょうか?でも、イエス様のみ言がわかりにくいときがあります。「私ってだめだなぁ」って悩むことも悲しむことも必要ありません。あなたと共にイエス様がおられるからです。

しかし、まず、福音があらゆる民に宣べ伝えられねばならない(マルコ13:10)

「何をのんきなことをおっしゃってるのイエス様」なのではありません。

ついつい見てしまうこの目がなければいい」「常識なんか持たないほうがいい」なんて悩んだり悲しんだりするその”あなた”、そのままの”あなた”と「イエス様は共にいて下さり、共に歩んで下さるのです」と伝えていくこと。それが福音を伝えることでもあるのです。

福音が伝えられる人には、目に見える徴や自分の常識の中で理解出来る計算や数字はいりません。あるのはイエス様は必ず自分と共にいて下さるという安心です。

イエス様と共に歩める今を感謝して生きましょう。

関連記事