神様に造られた私

祈り)天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
急に冷たい空気が入り込むようになり、また体調を崩される方々が多くなりました。
どうぞお一人おひとりの身体の健康と心の健康をあなたがお支え下さい。

台風などの災害は一瞬のうちにたくさんの被害や恐怖も運んできます。
私たちには何もできないと思う時が多いのですが、災害にあった方々への心の平安を祈ることができます。
神様、本当にちっぽけに思える私たち一人ひとりをあなたがお用い下さい。

これから語られますみ言、この語る者を通してここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

わたしは人間の綱、愛のきずなで彼らを導き
彼らの顎(あご)から軛(くびき)を取り去り
身をかがめて食べさせた。(ホセヤ11:4)

災害の報道で、よくお母さんが幼い我が子をかばうように抱きかかえできるだけ瓦礫(がれき)や泥や水から守ろうとしている光景をみることがあります。お子さんをお産みになったことがあるほとんどの方は、そのような光景や報道に共感されるのではないでしょうか。

お母さんから産まれてこなかった方は一人もいません。それと同じで神様から造られておられない方も一人もおりません。たとえこの世で産んだお母さんが違っていても、神様に造られた存在としては世界中に生きている一人ひとりは皆、同じなのです。その人が0歳でも100歳を超えていたとしても皆、神様に造られ愛されています。神様を中心とすると、すべての存在は命の存在として繋がっています。

この聖書の箇所(ホセア11:1〜4)において神様は嘆いています。神様からたくさんの愛を受けていながら、その愛を注いで下さる神様に誰も心を向けてくれないからです。だからといって神様は無理矢理私たちの心をご自分の方に向かせようとするために災いを起こしたり、きらびやかに飾って目をひいてみたりもしません。ただ一人ひとりを信じ待っておられます。

一人ひとりを愛で抱きしめて、決して一人にせず共にいて、じっとあなたを待ち守って下さいます。

関連記事