神様にあらかじめ定められたあなた

ローマ8:26-30 
​。8:26 同様に、“霊”も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです。 8:27 人の心を見抜く方は、“霊”の思いが何であるかを知っておられます。“霊”は、神の御心に従って、聖なる者たちのために執り成してくださるからです。 8:28 神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。 8:29 神は前もって知っておられた者たちを、御子の姿に似たものにしようとあらかじめ定められました。それは、御子が多くの兄弟の中で長子となられるためです。 8:30 神はあらかじめ定められた者たちを召し出し、召し出した者たちを義とし、義とされた者たちに栄光をお与えになったのです。 
  

 

祈り)
天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
私たちは寒い時には温かいものを飲んで身体を温めたり、
暑い日には冷たい水を飲んだりして、体を冷やします。
どんな方法を選ぶかは私たち一人一人に任されています。
「寒い」とか「暑い」とか一言を言っても、感じ方が一人一人違っています。
神様、あなたからの愛も全ての一人一人に注がれていますが、
その受け取り方も表現の仕方も一人一人違います。
しかし、確かに一人一人が神様、あなたから愛されていることを
一人一人が受け取ることのできる日でありますように。
神様はいつも「あなたはわたしの愛する子」と私たちを受け入れていてくださいます。
ありがとうございます。

これから語られます神様、あなたからのみ言
この語る者を通して神様、あなたがここにおられるお一人お一人へと
お語り下さいますようお願いします。
この語る者の全てを神様、あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお捧げ致します。

アーメン。

 

「神はあらかじめ定められた者たちを召し出し、召し出した者たちを義とし、義とされた者たちに栄光をお与えになったのです。」ローマ830

 

おはようございます。
今、ご一緒にお読み致しました聖書の箇所の中の「ローマ830」において、
とても気になる言葉が語られています。
「神はあらかじめ定められた者たちを。。」
という言葉です。
「私は全然気にならなかったわ。」と思う人も
「なーに細かいこと気にしてんのよ。」と思う人も様々おられると思います。

私は中学生や高校生のとき、親を困らせたり先生を怒らせるような不良に憧れていました。
自分で言うのも恥ずかしいのですが、私は大人に反抗できないおとなしい子どもでした。
自分の心の中にはふつふつと自由に自己表現がしたい、
何処か誰も知らない所へ行きたい、そのような思いはありました。
大人にとってのいい子は、子どもにとって心を縛られたという思いを残すかもしれません。
良かれと思ってやったことが、誰かを傷つけているかもしれません。
「ああすれば良かった」「こうすればよかった」「こんなはずじゃ無かった」
いろんな思いがあります。人間が生きている数だけ人生があります。
全てが正解です。

神様があらかじめ定められた者、それはそのような人間全てなのです。
誰かから見ればくだらないかもしれませんが、誰かから見ればすばらしいのかもしれません。
しかし、神様から見ると全ての一人一人の存在が尊く、かけがえのない命なのです。
私たち一人一人は何かをしたから神様に尊ばれるのではありません。
一人一人の命の存在が尊いのです。一人一人の人生の色は皆違って皆がすばらしいのです。
神様があらかじめ定められた者、それはあなた自身です。

関連記事