狭い門から入るとは~新聞記事を見て~

祈り)天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
私たちは「天の国」という言葉を聞くときに、
なんだか遠い未来のことだと思ったり、死んだ後きっとどこかに行くのだろうと思ったりします。
それと同じように、自分の命の時間も何だかすごく長く感じたり、短く感じたりして、
今、生きている現実と向き合うことが少ないような気がします。
イエス様が教えられた「天の国」の実現も、命の大切な時間も、
「今」という、神様あなたから与えられるかけがえのない時として過ごすことができますように
一人ひとりを神様あなたがお支え下さい。

これから語られますみ言葉こ、の語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。
アーメン。

【聖書】マタイ7章13〜14節
「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。 しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」

ご一緒にお読み致しました聖書の箇所「マタイ7:13」において、イエス様は「狭い門から入りなさい」と語り始めます。なにかとても難しい事をイエス様は言われておられるのでしょうか。

いいえ、難しいことはイエス様はおっしゃいません。ただ、この世の価値観だけにとらわれてしまっていると難しく感じてしまうのかもしれません。私たちは聖書を読み、みことばに聴くときに、たくさんの価値観の広がりを感じます。

マタイ5章のイエス様が語られた山上の説教の中には「貧しい人々は幸いである」と語られています。聖書の中には、大きいものより小さいもの力や、腕力が強いものより力は弱いが信仰が強いもの、規則のために人間があるのではなく、一人ひとりの命のために規則があることなど、たくさんの価値観の広がりを私たちに教えて下さいます。

私にこんな経験があります。ある日、新聞に「命の大切さ」について書かれた記事がありました。その記事の何倍もの大きさで「ミュージカル上映」の記事が載せられていて、なんだか滑稽(こっけい)に感じました。しかし、よく考えると目の前の紙面の中だけで比べれば温度差はあるものの、目の前には見えていない読む人それぞれが「命の大切さ」の記事を通して心に受けている深さがあるのだと感じました。

今語られるイエス様のみことばも、同じなのではないでしょうか。天へとつながる道は、目に見える大きい小さいの判断で選ぶのではなく、もっとあなた自身が持つ大切なものだけが通るのに十分な門を選びなさいとおっしゃっています。

イエス様は言われます。「狭い門から入りなさいそれで十分です。あなたが通れるだけでいいから」

関連記事