ひとりじゃないから大丈夫だよ

ルカ1:26-38
1:26 六か月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。 1:27 ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。 1:28 天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」 1:29 マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。 1:30 すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。 1:31 あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。 1:32 その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。 1:33 彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」 1:34 マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」 1:35 天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。 1:36 あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。 1:37 神にできないことは何一つない。」 1:38 マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。

祈り)天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
「与えられるよりも与える事を、信頼されるより信頼する事を、
愛される事よりも愛する事を」と祈る祈りがあります。
自分を謙遜な者にしてくださいというこの祈りを思い出すとき、
自分がいかに謙遜とはかけ離れた存在なのかを思い知らされたりします
いつもいつも心に平安が持てずに、つい人から信頼や愛が与えられる事をのぞんでしまうときもある私たちですが、
認めたくない自分も認めたい自分も、すべて受け入れてくださる神様に自分のすべてを委ねることができますように。

これから語られますみ言葉、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてをお委ねいたします。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。(ルカ1:38)

今ご一緒にお読み致しました聖書の箇所「ルカ1:26−38」は「受胎告知」の場面として多くの画家が絵の題材としている聖書の箇所としても有名ですし、幼い頃に教会に行かれておられた方にはクリスマスに必ずと言ってよいほど行われた劇ページェントでもよく使われる箇所でもあります。

この季節に?と思われる方も少なくないと思います。でもクリスマスを私たち人間が勝手に季節を決めただけで、神様から与えられている恵みには季節も、量の多さや少なさも何もありません。あるのはただ、あなたへの愛です。だから恵みは一人ひとりに合わせた時に、大切な一人ひとりに与えられる神様からの愛です。

「恵まれた女よおめでとう」との言葉で天使のお告げは始まります。何がめでたいのか。これからヨセフさんと結婚しようとしている若い女性に、神様からの使いが語り始めます。聖書を読んだり神様の話を聞いている私たちには、マリアさんに起こった出来事は恵みであり喜ばしい出来事であるとすぐに思えますが、その時マリアさんは畏れ戸惑ったことでしょう。

実は私たちの日常も小さな驚きや戸惑いの連続ではないでしょうか。天使からのお告げとして与えられなくても、マリアさんと同じで神様から与えられる恵みの中で私たちも生きています。私たちが嬉しく感じることや喜ばしいことばかりが、神様からの恵みではありません。そこには戸惑いや苦しみもあるかもしれません。しかし、それは神様からあなたに与えられるあなたへの恵みです。

マリアさんは言います。「お言葉通りこの身に成りますように。」
私たちもすべてを神様に委ねて、み心のままに生かされますように。

関連記事