みんな同じ

コリント2:6-16
​ 2:6 しかし、わたしたちは、信仰に成熟した人たちの間では知恵を語ります。それはこの世の知恵ではなく、また、この世の滅びゆく支配者たちの知恵でもありません。 2:7 わたしたちが語るのは、隠されていた、神秘としての神の知恵であり、神がわたしたちに栄光を与えるために、世界の始まる前から定めておられたものです。 2:8 この世の支配者たちはだれ一人、この知恵を理解しませんでした。もし理解していたら、栄光の主を十字架につけはしなかったでしょう。 2:9 しかし、このことは、/「目が見もせず、耳が聞きもせず、/人の心に思い浮かびもしなかったことを、/神は御自分を愛する者たちに準備された」と書いてあるとおりです。 2:10 わたしたちには、神が“霊”によってそのことを明らかに示してくださいました。“霊”は一切のことを、神の深みさえも究めます。 2:11 人の内にある霊以外に、いったいだれが、人のことを知るでしょうか。同じように、神の霊以外に神のことを知る者はいません。 2:12 わたしたちは、世の霊ではなく、神からの霊を受けました。それでわたしたちは、神から恵みとして与えられたものを知るようになったのです。 2:13 そして、わたしたちがこれについて語るのも、人の知恵に教えられた言葉によるのではなく、“霊”に教えられた言葉によっています。つまり、霊的なものによって霊的なことを説明するのです。 2:14 自然の人は神の霊に属する事柄を受け入れません。その人にとって、それは愚かなことであり、理解できないのです。霊によって初めて判断できるからです。 2:15 霊の人は一切を判断しますが、その人自身はだれからも判断されたりしません。 2:16 「だれが主の思いを知り、/主を教えるというのか。」しかし、わたしたちはキリストの思いを抱いています。
  

祈り)天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
今という瞬間をどう感じて、どのように生きるかは
私たち一人ひとりに与えられている自由です。
私たちは「どうなるかはわかんないけど、何でもしていいよ」とポーンと放り出されると、
何からしようかと迷い、不安になることがあります。
でも一言「大丈夫、私が一緒だよ」と言ってもらってから任されると少し勇気が出て、自分で一歩を踏み出せるような気がします。
神様、あなたはいつも私たち一人ひとりを信じ
「大丈夫。私も一緒だよ」と一人一人と共にいて下さいます。
いつも神様が一人ひとりを信じ、共にいて下さることを感じ
勇気を持って今を生きられますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

霊の人は一切を判断しますが、その人自身はだれからも判断されたりしません。(一コリント2:15)

「知恵」とはなんのことでしょうか。似ていますが「知識」とは違います。今ご一緒にお読み致しました聖書の箇所「1コリント2:6-16」においては、繰り返し「この世の知恵」と「神からの知恵」というようなことを語ります。「この世の知恵」は滅びるが「神からの知恵」は滅びない。

私たちは小学校などの学校や生活の中で「知識」を身につけます。努力をいっぱい重ねてたくさん「知識」を身につける人もいれば、そんな時間も余裕もなくあまり身につけていない人もおられるかもしれません。しかし「知識」が多い人と少ない人、その人という人間がどうであろうと、「知識」の量で比べられたり優劣をつけられてしまいます。「この世の知恵」と聖書で言われているのはこの「知識」的なものです。

一方「神からの知恵」とはもう一人ひとりに与えられているから比べることも優劣をつけることもできません。すべての一人一人は同じように神様から知られ恵まれています。

「神からの知恵」に満たされている今を感謝したいと思います。

関連記事