ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マルコ13:1-13
​ 13:1 イエスが神殿の境内を出て行かれるとき、弟子の一人が言った。「先生、御覧ください。なんとすばらしい石、なんとすばらしい建物でしょう。」 13:2 イエスは言われた。「これらの大きな建物を見ているのか。一つの石もここで崩されずに他の石の上に残ることはない。」 13:3 イエスがオリーブ山で神殿の方を向いて座っておられると、ペトロ、ヤコブ、ヨハネ、アンデレが、ひそかに尋ねた。 13:4 「おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、そのことがすべて実現するときには、どんな徴があるのですか。」 13:5 イエスは話し始められた。「人に惑わされないように気をつけなさい。 13:6 わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがそれだ』と言って、多くの人を惑わすだろう。 13:7 戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞いても、慌ててはいけない。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。 13:8 民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に地震があり、飢饉が起こる。これらは産みの苦しみの始まりである。 13:9 あなたがたは自分のことに気をつけていなさい。あなたがたは地方法院に引き渡され、会堂で打ちたたかれる。また、わたしのために総督や王の前に立たされて、証しをすることになる。 13:10 しかし、まず、福音があらゆる民に宣べ伝えられねばならない。 13:11 引き渡され、連れて行かれるとき、何を言おうかと取り越し苦労をしてはならない。そのときには、教えられることを話せばよい。実は、話すのはあなたがたではなく、聖霊なのだ。 13:12 兄弟は兄弟を、父は子を死に追いやり、子は親に反抗して殺すだろう。 13:13 また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。」
  
   

祈り)
天の神様、私たち一人一人にかけがえのない新しい目覚めをありがとうございます。
私たちはたくさんの人のつながりの中で今を生きています。
たった一人で今ここにいる人は誰もいません。
また、たくさんの経験が今のお一人お一人を存在させ、支えています。
私たちは「ありがとう」と何度言ってきたでしょう。
当たり前に今を生きている人はだれもいません。
今この時にここに自分がいること、命が与えられていること、
いろんな人やものに出合うその一つ一つは
一人一人に、そしてあなただからこそ与えられているかけがえのないものです。
全ての一つ一つが当たり前ではありません。
「ありがとう」がいっぱい感じられる一日でありますように。

これから語られます神様、あなたからのみ言、
この語る者を通して神様、
あなたがここにおられるお一人お一人へとお語り下さいますようお願いします。
この語る者の全てを神様、あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお捧げ致します。

アーメン。

 

「引き渡され、連れて行かれるとき、何を言おうかと取り越し苦労をしてはならない。そのときには、教えられることを話せばよい。実は、話すのはあなたがたではなく、聖霊なのだ。」マタイ13:11

 

おはようございます。
いつも私たちが体験したり、見聞きするような大地震などの自然災害を、前もってわかっていれば。。。と何人かの方は思われるでしょう。
今、ご一緒にお読みしました聖書の箇所においても、イエス様に弟子の何人かが聞いています。

弟子たちが思うように、私たちもこの世の終わりというのは何かとてつもなく恐ろしく特別なことであるかのように思えます。
しかし、どうでしょうか。災害にみまわれた人々もおられれば、
その一方で、その悲惨な状況の映像をただただ見入って心を痛めている人もたくさんおられます。
どんな災害時においても治安が良い所もあれば、盗みや強奪などが当たり前のように行われる治安の悪い所もあります。
たった一人であっても、
その人自身が今与えられている現実をどう捕らえるかは、
どう生きていくかで変わってくるのです。

私たち一人一人は一人ではありません。必ず神様が共におられます。
また、どんな飢饉も災害も神様はご存じないことはありません。
「どうしよう」と言って立ちすくむしかない一人一人と共に神様はおられます。
いろいろな出来事や災害と出合うことから逃れることを私たちは望むかもしれません。
しかし、必ずそれらを乗り越える力や強さを
一人一人と共におられる神様はお持ちです。
起こることへの恐怖より、全てのことは神様の御手の中にあるとの信頼が、
今もこれからも、一瞬一瞬、一人一人を支えてくれます。

神様があなたをいつも信頼して下さっています。