お帰りなさい

詩編63:2-9
63:2 神よ、あなたはわたしの神。わたしはあなたを捜し求め/わたしの魂はあなたを渇き求めます。あなたを待って、わたしのからだは/乾ききった大地のように衰え/水のない地のように渇き果てています。 63:3 今、わたしは聖所であなたを仰ぎ望み/あなたの力と栄えを見ています。 63:4 あなたの慈しみは命にもまさる恵み。わたしの唇はあなたをほめたたえます。 63:5 命のある限り、あなたをたたえ/手を高く上げ、御名によって祈ります。 63:6 わたしの魂は満ち足りました/乳と髄のもてなしを受けたように。わたしの唇は喜びの歌をうたい/わたしの口は賛美の声をあげます。 63:7 床に就くときにも御名を唱え/あなたへの祈りを口ずさんで夜を過ごします。 63:8 あなたは必ずわたしを助けてくださいます。あなたの翼の陰でわたしは喜び歌います。 63:9 わたしの魂はあなたに付き従い/あなたは右の御手でわたしを支えてくださいます。
 

 

祈り)
天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
そして、このみ言へと神様、あなたに導かれたお一人お一人と共に心を合わせて、
あなたからのみ言に聴き、共に祈ることが許されましたことを感謝致します。
今を精一杯生きるということは、私たち一人一人にとって難しく感じることがあります。
とても暖かい日があったと思えば寒くなったり、
予想もできないくらいに突然災害にあったり。
なのに精一杯生きるなんてとてもできない、と思うときもあります。
しかし、その一つ一つを神様はご存じです。
私自身がその状況の中、そのままで生きることそれだけです。
どんな時も神様があなたと共におられます。
私たち一人一人がこれからも、いつも神様と共にある一瞬一瞬を安心して歩めますように。

これから語られます神様、あなたからのみ言、
この語る者を通して神様あなたがここにおられるお一人お一人へとお語り下さいますようお願いします。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。
このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお捧げ致します。

アーメン。

「命ある限り、あなたをたたえ手を高く上げ、御名によって祈ります。」詩編63:5

 

おはようございます。
皆様お一人お一人とまた今日、み言を通して新たに出会えて本当に嬉しいです。
ここで待っている人がいる、と言うように自分が思われている、祈られている、信頼されている、と思えるときに、
人は「私はここにいていいんだ」と今を生きているありのままの自分を受け入れることができます。

今日共にお読み致しました聖書の箇所の「詩編63:2-9」も神様への信頼を詩っています。
「手を高く上げて」とか「祈りを口ずさむ」とか賛美の仕方はいろいろです。
手や肩を怪我されている方が手を上げることができなかったり、
声が出ない人が祈りを口ずさめなくても
「賛美をしていない」とはその人を他の人が非難することはできません。
その人はその人なりに神様を賛美しています。神様が一番ご存じです。
たとえ本人さえもこれが賛美だと思わないとしても、神様はご存じです。
賛美は感謝の喜びから生まれます。
私たちはなぜ神様を賛美するのでしょうか?
あれもこれもやってもらってるから?
私たちが神様を賛美するのは、自分が生きている、
そのことを、命を、神様が信頼され愛されているからです。
神様が、神様の所へ一人一人の魂が帰ってくることを信じて待っておられるからです。

私たち一人一人には帰る場所があります。神様の所です。
神様にも帰る場所があります。それは私たち一人一人の心の中です。
神様に信頼され、神様を信頼している私たちは、
そこから出かけたり帰ったりするのは自由です。
神様を入れたり追い出したりするのもあなたの心の自由です。
でも忘れないで下さい。あなたは神様に信頼されています。

関連記事