新年の聖書 ~いつも神様にありがとう~

ルカ2:25-35
2:25そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。 26そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。 27シメオンが“霊”に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。 28シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。
29 「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり
この僕を安らかに去らせてくださいます。
30わたしはこの目であなたの救いを見たからです。
31これは万民のために整えてくださった救いで、
32異邦人を照らす啓示の光、
あなたの民イスラエルの誉れです。」
33父と母は、幼子についてこのように言われたことに驚いていた。 34シメオンは彼らを祝福し、母親のマリアに言った。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。 35―あなた自身も剣で心を刺し貫かれます―多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」
祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。

新しい年を迎えて、お一人お一人がいろいろな思いの中にあります。
「今年こそは」と目標を新たにされる方、一日一日が健康であることを祈る方。その一人一人にいつも主が共におられ一人一人が一瞬一瞬を大切に生かされますように。このようにみ言から聴くことができる「今」が与えられていることを感謝します。

これから語られますみ言この語る者を通して、ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。アーメン。

皆さん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

皆さんとお読み致しました聖書の箇所「ルカ2:25-35」は新年にお読みする聖書の箇所としてふさわしい箇所です。というのはこの「シメオンの讃歌」とされている讃歌は、毎回礼拝の中で皆さんと歌う「ヌンクディミティス」そのものだからです。

祭司であったシメオンは救い主に出会うまでは死ぬことはないと、神様からのお告げを受けていました。現代に生きる私たちは、人間としてこの世に生まれたイエス様に出会うことはできませんが、み言を通して、聖霊として働かれるイエス様に出会う事ができます。

イエス様と出会い感激し、祝福されたシメオンさんが思わず「神様ありがとう」という気持ちで神様を賛美したように、私たちもみ言を通し、聖霊として働かれるイエス様に「ありがとう」の気持ちを込めて、礼拝の度に「ヌンクディミティス」を歌いましょう。

そして、自然や人やみ言を通して出会うイエス様に「ありがとう」の気持ちが溢れる年でありますように。

関連記事