いつどんな時もどこでも

【マタイ8:5-13】8: ​5 さて、イエスがカファルナウムに入られると、一人の百人隊長が近づいて来て懇願し、 8:6 「主よ、わたしの僕が中風で家に寝込んで、ひどく苦しんでいます」と言った。 8:7 そこでイエスは、「わたしが行って、いやしてあげよう」と言われた。 8:8 すると、百人隊長は答えた。「主よ、わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。ただ、ひと言おっしゃってください。そうすれば、わたしの僕はいやされます。 8:9 わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下には兵隊がおり、一人に『行け』と言えば行きますし、他の一人に『来い』と言えば来ます。また、部下に『これをしろ』と言えば、そのとおりにします。」 8:10 イエスはこれを聞いて感心し、従っていた人々に言われた。「はっきり言っておく。イスラエルの中でさえ、わたしはこれほどの信仰を見たことがない。 8:11 言っておくが、いつか、東や西から大勢の人が来て、天の国でアブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席に着く。 8:12 だが、御国の子らは、外の暗闇に追い出される。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」 8:13 そして、百人隊長に言われた。「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように。」ちょうどそのとき、僕の病気はいやされた。

祈り)天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
自分がどう生きようかとか、何を選ぼうかと迷ったりしても、
私に選ぶ道を示して下さったり、いつも応援していて下さるのは神様です。
神様が思う通りではなく、一人ひとりが自分で選ぶ道です。
しかし、迷ったりするときに必ず真理を示して下さるのも神様です。
そのような存在である神様をいつも忘れないでいられますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

 

そして、百人隊長に言われた。「帰りなさい。あなたが信じたとおりになるように。」ちょうどそのとき、僕の病気はいやされた。(マタイ8:13)

私たち一人ひとり、いつでもどんな時でもどんな場所でもできることがあります。それは人を思うことです。心配することや妬むことや恨むこともできますが、心の中心に神様を置いて自分の思いを神様に委ねるのなら、その願いや思いは心配や妬みや恨みではなく愛に変えられるのではないでしょうか?

今、ご一緒にお読みした聖書の箇所「マタイ8:5-13」での出来事はイエス様と出会った百人隊長の話です。イエス様は「あなたの信じた通りになるように」と言われます。

現代に生きている私たちにも同じことが起こるのではないでしょうか。実際に肉体を持って生きておられるイエス様には出会うことはできませんが、聖霊として目には見えない姿で働かれておられるイエス様に私たちは出会います。神様であるイエス様に自分の思いを委ねることができるのです。

それは祈りです。祈りは距離や時間も関係はありません。自由にあなたからの思いを愛に変えてくれます。 私たち一人ひとりいつでもどんな時でもどんな場所でも祈ることができるのです。

大切なあなたのために、神様はいつもあなたの思いを愛に変えて下さいます。

関連記事