神様にとってあなたは大切な存在

【ルカ10:25-37】
10:25 すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」 10:26 イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、 10:27 彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」 10:28 イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」 10:29 しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。 10:30 イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。 10:31 ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。 10:32 同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。 10:33 ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、 10:34 近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。 10:35 そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』 10:36 さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」 10:37 律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」

祈り)天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
いつもたくさんの「ありがとう」が心に溢れます。
何かの特別な日に限らず一日一日が神様、あなたに与えられる大切なときです。
私たち一人ひとりが神様、あなたによって生かされているこの一瞬一瞬
神様が共にいてくださることを思い起こせますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」(ルカ10:37)

「私は自分を大切にしているのでしょうか」と思わず考えてしまいました。ましてや私はいつも「心を尽くして、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして主なる神様を大切にしている」のかな?と思いました。でも逆に神様は私のことを「心を尽くして、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして私たち一人ひとりを大切にして」下さっておられます。大切にして下さっている神様がおられるからこそ自分を大切にでき、そして自分のように隣人をも大切にできるのです。

そんなの時と場合によると思う方も少なくないと思います。実際、私自身も「こんな私でも大丈夫なんだろうか」と不安になるときもありますし、「自分は神様に大切にされている存在なんだ」と言うことさえ忘れてしまうこともあります。 今のように神様に心を向けて「あっそういえば私、神様に大切にされている存在だったわ。」と思い出す始末です。私たち一人ひとりは多少の差はあってもそのように「うっかりした」存在なのかもしれませんが神様は違います。いつも「心を尽くして、精神を尽くし,力を尽くし、思いを尽くして私たち一人一人を大切にして」下さいます。

いつも神様から愛を受けている私たちが、善いサマリア人のように一人でも多くの隣人に、そして自分自身にも立ち止まることができますように。

 

関連記事