今もついていこうよ

マタイ4:23-25
4:23 イエスはガリラヤ中を回って、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、また、民衆のありとあらゆる病気や患いをいやされた。 4:24 そこで、イエスの評判がシリア中に広まった。人々がイエスのところへ、いろいろな病気や苦しみに悩む者、悪霊に取りつかれた者、てんかんの者、中風の者など、あらゆる病人を連れて来たので、これらの人々をいやされた。 4:25 こうして、ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤ、ヨルダン川の向こう側から、大勢の群衆が来てイエスに従った。

祈り)天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
今日もいろいろな虫の声や、生活する人々の音がします。
様々な音の中、私たちは生かされ今があります。
そんな中、私たちは風を感じたり光を感じたりもします。
たとえ、すべての人たちに同じものが与えられているとしても、
私たちの気持ちや状況によって、それらの感じ方は変わるでしょう。
いつもならたいして気にならない音が騒がしいように感じたり、
にぎやかで楽しそうな音だったのに寂しく感じたり。
一つ一つの心を「そのままでいい」と神様はいつもおっしゃって下さり受け入れていて下さいます。
いろんな自分を自分が否定したとしても、神様はそのような私もまるごと受け入れて下さることを感謝いたします。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

 

こうして、ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤ、ヨルダン川の向こう側から、大勢の群衆が来てイエスに従った。(マタイ4:25)

 

今ご一緒にお読み致しました聖書の箇所「マタイ4:23-25」の最後の文章に「大勢の群衆が来てイエスに従った」と書かれています。イエス様に従うとはどういうことなのでしょうか。イエス様に直接会うことができない現代に生きる私たちは、イエス様に従っていないのでしょうか。「従う」ということは「ついていく」という言葉にも置き換えられます。その言葉は肉体的なことだけに限らず、精神的に信じることとも表現されます。目に見えなくて触れる事もできないイエス様の教えに従うことが、現代に生きている私たちにはできます。

イエス様の業や教えは過去や時間の枠で区切る事もなく、今も自由に私たちは従う事ができます。それはイエス様の業やイエス様の癒し、教えは今も生きて働かれているからです。

イエス様は今も生きておられるのです。だから私たちは、今は目には見えず、手に触れることはできなくても、過去の教えとしてイエス様に従うのではなく、今も生きて働いていて下さるイエス様に従うのです。

漠然とした過去の人ではなく、今も生きて働かれておられるイエス様に今日もついて生きたいと思います。

関連記事