今というかけがえのない時を

使徒2:22-36

2:22 イスラエルの人たち、これから話すことを聞いてください。ナザレの人イエスこそ、神から遣わされた方です。神は、イエスを通してあなたがたの間で行われた奇跡と、不思議な業と、しるしとによって、そのことをあなたがたに証明なさいました。あなたがた自身が既に知っているとおりです。 2:23 このイエスを神は、お定めになった計画により、あらかじめご存じのうえで、あなたがたに引き渡されたのですが、あなたがたは律法を知らない者たちの手を借りて、十字架につけて殺してしまったのです。 2:24 しかし、神はこのイエスを死の苦しみから解放して、復活させられました。イエスが死に支配されたままでおられるなどということは、ありえなかったからです。 2:25 ダビデは、イエスについてこう言っています。
『わたしは、いつも目の前に主を見ていた。主がわたしの右におられるので、
わたしは決して動揺しない。
2:26 だから、わたしの心は楽しみ、
舌は喜びたたえる。体も希望のうちに生きるであろう。
2:27 あなたは、わたしの魂を陰府に捨てておかず、
あなたの聖なる者を
朽ち果てるままにしておかれない。
2:28 あなたは、命に至る道をわたしに示し、
御前にいるわたしを喜びで満たしてくださる。』
2:29 兄弟たち、先祖ダビデについては、彼は死んで葬られ、その墓は今でもわたしたちのところにあると、はっきり言えます。 2:30 ダビデは預言者だったので、彼から生まれる子孫の一人をその王座に着かせると、神がはっきり誓ってくださったことを知っていました。 2:31 そして、キリストの復活について前もって知り、
『彼は陰府に捨てておかれず、
その体は朽ち果てることがない』
と語りました。 2:32 神はこのイエスを復活させられたのです。わたしたちは皆、そのことの証人です。 2:33 それで、イエスは神の右に上げられ、約束された聖霊を御父から受けて注いでくださいました。あなたがたは、今このことを見聞きしているのです。 2:34 ダビデは天に昇りませんでしたが、彼自身こう言っています。
『主は、わたしの主にお告げになった。
「わたしの右の座に着け。
2:35 わたしがあなたの敵を
あなたの足台とするときまで。」』
2:36 だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです。」
祈り)
天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
一日一日が神様あなたから与えられているかけがえのないものであると感じることができるとき、
その中で与えられている一つ一つに感謝できるときがあります。
いつもそのように思うことはなかなかできませんが、
そのような私たち一人ひとりの弱さも神様、あなたはすべて包んで大切にして下さいます。
私たち一人ひとり、神様にいつも大切にされていることを思い、
今日も精一杯生きることができますように。
これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様、あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様、あなたへお委ね致します。
このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

 

だから、イスラエルの全家は、はっきり知らなくてはなりません。あなたがたが十字架につけて殺したイエスを、神は主とし、またメシアとなさったのです。(使徒2:36) 

最近、私は特に思うことがあります。それは入院して、病院から帰って来れるのだろうかと不安に思うことです。来週には退院できると、いつも当たり前のように思っていたのですが、考えてみると当たり前の「今」という「とき」はないんだなと思いました。
それならばどうすればいいのでしょうか。「今を精一杯生きる」って私たちは、特にまだまだ自分には時間があると思っている人には思いもつかないことなのかもしれません。「明日がある」と平気で思えることが多いからです。
弟子たちにとってのイエス様も同じだったのかもしれません。イエス様はずっと一緒にいて下さると。しかし、今ご一緒にお読み致しました聖書の箇所「使徒2:22-36」に書かれているように、イエス様は十字架におかかりになり死んでしまいました「ずっと一緒におられると思ったのに。」と弟子たちは裏切られたような気持ちでいっぱいだったかもしれません。
でも、神様であるイエス様は今も一緒におられます。
それはイエス様は復活され、今も聖なる霊として私たち一人ひとりと共にいて下さるからです。神様であるイエス様は明日どころか今も私たちと共におられます。だから、私たちは不安になる必要はないのです。いくら自分が良いと思って計算しても、それよりも一人ひとりを大切にされておられる神様が一人ひとりにとって良い「とき」を用意して下さるからです。
今、読みした聖書の箇所に書かれているような方が、私たち一人ひとりと今も共におられるのです。安心して今を精一杯生きていきましょう。

関連記事