神様の心の中心にはいつもあなたがいます

祈り)天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
感情的に受け入れられない現実に直面したり、とても身体がだるい時があったり、どうしても心が立ち上がれない時があったり、私たち一人ひとりは違う目覚めや時を感じます。
でも、それは生きているということです。自分では受け入れられないことでも、どうしようもなく困った状態であっても、神様はあなたを信じて必ず乗り越える希望を与えて下さいます。神様はあなたを裏切りません。
神様、そのようなあなたを疑ってみたり恨んでみたりする私たちを赦し、愛して下さることを感謝します。

これから語られますみことば、この語る者を通して、それぞれの集められた場所におられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

…主の言葉は、わたしの心の中 骨の中に閉じ込められて火のように燃え上がります…(エレミヤ20:9)

今、ご一緒にお読み致しました聖書の箇所に語られている言葉は、「エレミヤの告白」という題がつけられております。エレミヤは預言者です。聖書で語られている「預言者」という人は、前に流行ったような「ノストラダムスの大予言」や地震などの天災を予知するような「予言者」とは違います。 聖書で語られる預言者は「神様から言(ことば)を預かる人」として言葉を語っています。旧約聖書に書かれている「イザヤ書」のイザヤも預言者の名前です。

預言者は予言者と同じように未来を語りますが「神様へ心を向けて悔い改めてほしい」という神様からの祈りのメッセージも人々に伝えます。「悔い改めましょう」と呼びかけをする前にはもちろん、「今のままだと」という説明もします。「今のまま」神様に心を向けることを忘れた生活を続けるとこのようになるけど「神様はそうならないようにと私を遣わしました。」と語ります。

今現在を生きている私たちも同じです。「悔い改めなさい」と言われて「はい、そうします。」とすぐ素直に言えないのが私たち人間ではないでしょうか。楽しい時や忙しい時など、そのような時に「神様に心を向けなさい」なんて言われたら、言った人を責めたりバカにしたりするかもしれません。それでもエレミヤは神様の言葉を自分は語らずにはいられないと告白しています。

心の中心に神様を保つことは辛いと感じる時もあるかもしれませんが、自分が神様を心の中心に保っているのではなく、もうすでに神様が私を保って下さっていることを思い起こすことなのです。

関連記事