あなたもすべての人は神様に造られました

ヨハネ3:1ー 15
​ 3:1 さて、ファリサイ派に属する、ニコデモという人がいた。ユダヤ人たちの議員であった。 3:2 ある夜、イエスのもとに来て言った。「ラビ、わたしどもは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神が共におられるのでなければ、あなたのなさるようなしるしを、だれも行うことはできないからです。」 3:3 イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」 3:4 ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」 3:5 イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。 3:6 肉から生まれたものは肉である。霊から生まれたものは霊である。 3:7 『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。 3:8 風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」 3:9 するとニコデモは、「どうして、そんなことがありえましょうか」と言った。 3:10 イエスは答えて言われた。「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか。 3:11 はっきり言っておく。わたしたちは知っていることを語り、見たことを証ししているのに、あなたがたはわたしたちの証しを受け入れない。 3:12 わたしが地上のことを話しても信じないとすれば、天上のことを話したところで、どうして信じるだろう。 3:13 天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。 3:14 そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。 3:15 それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。
  

祈り)
天の神様、新しい目覚めを私たち一人ひとりにありがとうございます。
一人一ひとりが同時にパッと目覚めるわけではありません。
ましてや「この時間にあなたは目覚めるべきである」と強制されることもありません。
多少の制限や状況はあったとしても、一人ひとりに任されています。
しかし、目覚めはやってきます。必ず与えられます。
私たちが与えられているもの、それらはたくさんあります。
その一つひとつに不平や不満を思うよりもたくさんの感謝ができますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。(ヨハネ3:15) 

                         

私たちは神様を見たり触ったりしたことはありません。聖書にイエス様の言葉が記されていても、イエス様の姿を見たり触ったりして確認することはできません。そのような存在の方を信じて感じることしか、今を生きている私たちにはできません。

でも逆に言えば、私たちには見えず触って確認できないものだからこそ信じることができます。私たちの周りには見たり触ったりはできないが、「ある」と信じているものがたくさんあります。空気や命そして愛など、それらは見たり触ったりできなくても私たちにはなくてはならないものです。

今ご一緒にお読みした聖書の箇所において、イエス様は「新たに生まれ変わりなさい」とやさしく言われてます。それは、母の胎内に戻って肉体的に生まれ変わることではなく、「神様の価値観の中で霊的に新しくなりなさい」ということです。「神様の価値観の中に入って霊的に新しくされる」っていったいどんなことをすればいいのだろうか、と悩む必要はありません。今すでにあなたは神様から愛され信じられ、生かされていることをただ受け入れればいいのです。

「え、でも私にはこれもあれも足りない。」と思うかもしれません。しかし、あなたを造られたのは神様です。あなたは神様からの保証付きの存在であり、その神様がいつも共におられます。

神様の価値観の中で霊的に新しくなるということ、それはあなたが神様に造られ愛されていることを信じることです。そして「あなた以外の一人ひとりも同じである」と言われる神様からのみ心に心を傾けることから始まります。

関連記事