私、ちゃんと天国行けるかな

詩編41:1-10
41:1 【指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。】
41:2 いかに幸いなことでしょう
弱いものに思いやりのある人は。
災いのふりかかるとき
主はその人を逃れさせてくださいます。
41:3 主よ、その人を守って命を得させ
この地で幸せにしてください。
貪欲な敵に引き渡さないでください。
41:4 主よ、その人が病の床にあるとき、支え
力を失って伏すとき、立ち直らせてください。

41:5 わたしは申します。
「主よ、憐れんでください。
あなたに罪を犯したわたしを癒してください。」
41:6 敵はわたしを苦しめようとして言います。
「早く死んでその名も消えうせるがよい。」
41:7 見舞いに来れば、むなしいことを言いますが
心に悪意を満たし、外に出ればそれを口にします。
41:8 わたしを憎む者は皆、集まってささやき
わたしに災いを謀っています。
41:9 「呪いに取りつかれて床に就いた。
二度と起き上がれまい。」
41:10 わたしの信頼していた仲間
わたしのパンを食べる者が
威張ってわたしを足げにします。

  

祈り)
天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
どんなに小さくみえる悪い事も、それと同じくらいささやかな良いことも
神様あなたは私たちの全てをご存知です。
表面ではとんでもなく悪い事に見えるものも、
それを行わなければならなかった一人ひとりの事情や立場をあなたは深くご存知です。また逆にどんなに表面的には良いことをしていても、
どんな理由があるのかは神様あなたにはわかるでしょう。
自分のことでもわからないことはたくさんあります。
神様は赦しを与えて下さいます。
すべての事を私はわかっていると傲慢にならない、
神様あなたへ向かう謙虚な心を私たちにお与え下さい。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。
アーメン。

わたしは申します。「主よ、憐れんでください。あなたに罪を犯したわたしを癒してください。」 (詩編41:5)

いろいろなきっかけで、思いもよらないことを思い出して自分でもびっくりしたことはありませんか。私は今ご一緒にお読み致しました聖書の箇所を読んで、ある一人の女性との出会いを思い出しました。私は2001年から年4回のペースで定期入院を繰り返してます。そこで出会った人たちを数えると何人になるでしょうか。もう100人は超えているのかもしれません。その中でも同じ人に2回以上会う事も、今では少なくないようになりました。彼女にも2回病院でお会いし、3回目は喪中ハガキでした。

 初めてお会いしたときは検査のために同じ部屋に入院しておられました。私より少しお姉さんの明るい方だなと思うくらいでした。2回目にお会いできたときに私の前に現れた彼女の姿は、病気の治療のためかほとんどなくなってしまった髪の毛や、やせ細った体、見えなくなったという目。その彼女が言った言葉「私、悪いことしたかな。ちゃんと天国行けるかな。」でした。

 教会で出会った人ではありません。しかし、自分の死を前にしたとき人は何を思うのでしょうか。悪いことをしていない人なんていません。自分のわかっている範囲だけなら「悪いことはしてません」と言える人はいるのかもしれません。

私たちは祈ります。
「主よ憐れんでください」全知全能の神様が一人一人を赦して下さいます。

関連記事