ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マルコ9:14-29 

​ 9:14 一同がほかの弟子たちのところに来てみると、彼らは大勢の群衆に取り囲まれて、律法学者たちと議論していた。 9:15 群衆は皆、イエスを見つけて非常に驚き、駆け寄って来て挨拶した。 9:16 イエスが、「何を議論しているのか」とお尋ねになると、 9:17 群衆の中のある者が答えた。「先生、息子をおそばに連れて参りました。この子は霊に取りつかれて、ものが言えません。 9:18 霊がこの子に取りつくと、所かまわず地面に引き倒すのです。すると、この子は口から泡を出し、歯ぎしりして体をこわばらせてしまいます。この霊を追い出してくださるようにお弟子たちに申しましたが、できませんでした。」 9:19 イエスはお答えになった。「なんと信仰のない時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をわたしのところに連れて来なさい。」 9:20 人々は息子をイエスのところに連れて来た。霊は、イエスを見ると、すぐにその子を引きつけさせた。その子は地面に倒れ、転び回って泡を吹いた。 9:21 イエスは父親に、「このようになったのは、いつごろからか」とお尋ねになった。父親は言った。「幼い時からです。 9:22 霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました。おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください。」 9:23 イエスは言われた。「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」 9:24 その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」 9:25 イエスは、群衆が走り寄って来るのを見ると、汚れた霊をお叱りになった。「ものも言わせず、耳も聞こえさせない霊、わたしの命令だ。この子から出て行け。二度とこの子の中に入るな。」 9:26 すると、霊は叫び声をあげ、ひどく引きつけさせて出て行った。その子は死んだようになったので、多くの者が、「死んでしまった」と言った。 9:27 しかし、イエスが手を取って起こされると、立ち上がった。 9:28 イエスが家の中に入られると、弟子たちはひそかに、「なぜ、わたしたちはあの霊を追い出せなかったのでしょうか」と尋ねた。 9:29 イエスは、「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と言われた。

  

 

祈り)
天の神様、私たちに新しい目覚めを与えて下さりありがとうございます。
私たちはいつも神様、あなたからたくさんのものを与えていただき、
今を生かされております。
もし、あなたから与えられているもの全てにお返しをしたいと思ったとしても、
私たちに返し切ることはできません。
そして神様、あなたご自身がそんなことは望みません。
それなら私たちに何ができるのでしょうか?
「ありがとう神様」
そうです。神様に感謝して生きる、そのことだけでいいのです。
感謝して、そのままの自分を生きる。
それが一人一人にできる最高の生き方です。
今日も感謝で始まり、感謝で終わる、そんな一日でありますように。  

これから語られます神様、あなたからのみ言、
この語る者を通して、神様あなたがここにおられるお一人お一人へとお語り下さいますようお願いします。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお捧げ致します。

アーメン。

 

『イエスは、「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と言われた。』マルコ9:29

 

このように、皆さんと共にみ言に聴くときを与えられましたことを感謝しています。
帰る場所があること、それはかけがえのない喜びです。
皆さんと私、そして世界中の一人一人の帰る場所は同じ所です。
命を造られた所も同じです。同じ所から出発して同じ所へ帰ります。
お一人お一人の歩みも、人生も、寿命も、違います。
でも、命が造られた所は皆、同じなのです。

さて、今、ご一緒にお読み致しました聖書の箇所においても、イエス様の癒しの業について語られています。
イエス様はこの世にお生まれになり、たくさんの奇跡や癒しの業をされました。
しかし、その一つ一つは決してイエス様お一人のお力ではありませんでした。 

イエス様は、愛なる神様が私たち人間一人一人と共におられるということを、
ご自分の生き方そのものでお示しになりました。
それがどういうことなのかが、今日ご一緒にお読みした「マルコ9:29」に記されています。
「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」とイエス様は言われます。
悪霊を追い出すことだけのことをイエス様が言われたのではありません。
私たち人間の力ではどうしようもないことはたくさんあります。
天変地異であったり、急な病であったり、身近な大切な人の死であったり、
人間の人生の中には一人一人それぞれが出合う苦しみや悲しみ、痛みなどがあります。
それらを一人で乗り越えなければ、なんとかしなければ、と立ちすくむしかないかもしれません。
そのような時、イエス様は言われます「神様に信頼して祈りなさい。私が共にあなたと祈る。あなたは一人ではない。」と。