あなたを信頼し、待っています

詩編39:1-10
​ 39:1 【指揮者によって。エドトンの詩。賛歌。ダビデの詩。】
39:2 わたしは言いました。
「わたしの道を守ろう、舌で過ちを犯さぬように。
神に逆らう者が目の前にいる。
わたしの口にくつわをはめておこう。」

39:3 わたしは口を閉ざして沈黙し
あまりに黙していたので苦しみがつのり
39:4 心は内に熱し、呻いて火と燃えた。
わたしは舌を動かして話し始めた。
39:5 「教えてください、主よ、わたしの行く末を
わたしの生涯はどれ程のものか
いかにわたしがはかないものか、悟るように。」
39:6 御覧ください、与えられたこの生涯は
僅か、手の幅ほどのもの。
御前には、この人生も無に等しいのです。
ああ、人は確かに立っているようでも
すべて空しいもの。〔セラ
39:7 ああ、人はただ影のように移ろうもの。
ああ、人は空しくあくせくし
だれの手に渡るとも知らずに積み上げる。

39:8 主よ、それなら
何に望みをかけたらよいのでしょう。
わたしはあなたを待ち望みます。
39:9 あなたに背いたすべての罪からわたしを救い
神を知らぬ者というそしりを
受けないようにしてください。
39:10 わたしは黙し、口を開きません。
あなたが計らってくださるでしょう。

  

祈り)
天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。
たくさんある命の数は、数の多さでいうと数えきれません。
きっと数えたとしてもすごい数になるでしょう。
私はその中の一人だと思うと、何とちっぽけで数えるに値しない
たいしたも者ではないかもしれませんが、
神様にとっては大勢の中の一人としてではなく、
一人ひとりがかけがえのない存在であり、
命であることを私たちに語ってくださいます。
自分自身も周りの一人ひとりもかけがえのない存在として
神様に愛されていることを思い起こすことができますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人おひとりへと神様、あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。

このお祈りを、主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

わたしは黙し、口を開きません。あなたは計らってくださるでしょう。 (詩編39:10)

あなたは誰を信頼していますか?
それでは、あなたは誰に信頼されていますか?
今、ご一緒にお読み致しました聖書の箇所の3910において、詩人はこう語っています。
「わたしは黙し、口を開きません。あなたは計らってくださるでしょう。」
神様、あなたが計らって下さったから私は黙って待ちます、と詩人は詩うのではなく、私は黙って待ちます。神様、あなたが計らって下さるから、と詩うのです。この詩人は自分だけを信じているわけでも、確かな結果を見たから神様を信じてるわけではありません。では何を信じているのでしょうか。詩人はただ、私たちが神様に信頼され黙され、待たれていることを信じているだけです。

 私たちも同じです。本当に何を信じていいのかわからなくなるときがあります。自分に都合の良い人ばかりを信じるのも、なんだか不安に思うときもあります。でも、私たちが迷ったり不安になる前に、私たちが神様に信頼され黙され、待たれていることを思い出してください。私たちを信じて、黙って待って下さっておられる神様は永遠です。命です。この詩人も同じであったように、私たち一人ひとりも神様に信頼されて愛されている今を、安心して生かされていきましょう。

関連記事