あなたらしく

エフェソ2:1-10″
​ 2:1 さて、あなたがたは、以前は自分の過ちと罪のために死んでいたのです。 2:2 この世を支配する者、かの空中に勢力を持つ者、すなわち、不従順な者たちの内に今も働く霊に従い、過ちと罪を犯して歩んでいました。 2:3 わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした。 2:4 しかし、憐れみ豊かな神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、 2:5 罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、——あなたがたの救われたのは恵みによるのです—— 2:6 キリスト・イエスによって共に復活させ、共に天の王座に着かせてくださいました。 2:7 こうして、神は、キリスト・イエスにおいてわたしたちにお示しになった慈しみにより、その限りなく豊かな恵みを、来るべき世に現そうとされたのです。 2:8 事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。 2:9 行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。 2:10 なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。

祈り)天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
暑い日が続くようになりました。年々少しずつ暑さが増してきているようですが、夏の次には秋が来て、冬になって春が訪れると、私たちは一年間に四季があることを当たり前だと感じています。
神様、あなたから与えられる恵みを自然に受け入れているのです。
神様から与えていただく恵み一つひとつに文句や不平を言うこともあれば、感謝の言葉が溢れることもあります。
しかしいつも神様、あなたからの愛は私たちに注がれています。
そして一人ひとりと共に今もここにおられます。

これから語られますみことば、この語る者を通して、ここにおられるお一人お一人へと神様、あなたがお語り下さい。
この語る者のすべてを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。
アーメン

なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。(エフェソ2:10)

「今朝はイエス様のお話を聴いたから、一日私は良い行いができるわ。」と張り切ったとしても自分の理想通りに動けなかったり、思っていたような結果が出なかったりして、「やっぱり今日もダメだったわ」とか「私ってやっぱりダメね」と思ったりしたことがあるのではないでしょうか。自分のせいにしないですべてを周りの人たちのせいにして、自分を正当化してしまうこともあるかもしれません。

私は高校生のときに洗礼を受けました。教会で洗礼を受けるということは、「これまでの自分とは違わなくてはいけないんじゃないか」と緊張しました。例えばいつもニコニコしてなくてはいけないとか、あまり怒ってはいけないとか、それこそ聖書に書かれているイエス様のように生きなくてはいけないとか。洗礼を受けてクリスチャンと呼ばれるようになったら私は変われるんだとどこかで意気込んでました。

本当にそうなんでしょうか。「イエス・キリストによって生きるようになる」とは外見や行いが今までとは違う人間になることではありません。でも変わります。何が変わるのでしょうか。それは「自分が生きていてもいいんだ」「私は今も神様に愛され、大切にされている」「イエス様と共に生かされているんだ」とただ受け入れることで、「イエス・キリストによって生きるようになる」あなたに変えられるのです。

神様に造られ命を与えられ、今も愛されている人の生き方はその人自身の生き方です。ただ神様は今もあなたがあなたらしくそのままを生きるようにと包んで下さいます。

関連記事