憎しみを感じる時の聖書 ~どうにもならない憎しみに~

マタイ5:21-26

5:21 「あなたがたも聞いているとおり、昔の人は『殺すな。人を殺した者は裁きを受ける』と命じられている。5:22 しかし、わたしは言っておく。兄弟に腹を立てる者はだれでも裁きを受ける。兄弟に『ばか』と言う者は、最高法院に引き渡され、『愚か者』と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。5:23 だから、あなたが祭壇に供え物を献げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、5:24 その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を献げなさい。5:25 あなたを訴える人と一緒に道を行く場合、途中で早く和解しなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官に引き渡し、裁判官は下役に引き渡し、あなたは牢に投げ込まれるにちがいない。5:26 はっきり言っておく。最後の一クァドランスを返すまで、決してそこから出ることはできない。」
  
祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。

今、与えられている目覚めは何度目の目覚めなのでしょうか。私たちはいろいろな思いを持って目覚めを迎えます。「今日も目覚めることができました。神様ありがとう。」と思って目覚めることは数えるくらいしかできないかもしれません。目覚めることは当たり前に思えていることがあったり、目覚めたことを恨んだりもしてしまう時もあります。しかし神様、あなたが私たち一人一人に与えられる目覚めは変わることのない恵みです。不満や恨みよりも「ありがとう」と感謝の思いが少しでも多く持てる私たちにして下さい。

これから語られますみ言、この語る者を通して、ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。神様あなたに全てをお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。アーメン

「人を殺すな」と言われたら私たちは「大丈夫。そんな犯罪は起こさないと思うわ。」と言うかもしれません。でも「人を恨むな」と言われても、自分に何が起こるかもわからない今「そんなことしません」と自信を持って言えるでしょうか。

イエス様は「和解しなさい」と言われます。「人を恨むな」と言われません。そして「恨んだらその人を許しなさい」ではなく「和解しなさい」と言われるのです。

自分ではどうしようもない憎しみや恨み、悲しみを私たちはたくさん抱えています。それをすべて自分自身で抱えてしまい、笑って何もなかったように過ごしていても、いつか自分ではどうしようもない心の痛みや身体の痛みになって現れてくることもあります。「これはあの時我慢したからかも」と思い起こしても、何が原因なのか忘れていても、もうどうしようもないことであることも少なくありません。

自分ではどうしようもない憎しみや恨み、悲しみを私たちがたくさん抱えてしまうことをイエス様はご存知です。だから、私たちにもそのことを我慢して、現実から目を反らさないでいられることを、イエス様は語られます。

それは勇気がいるかもしれません。でもイエス様が共におられます。その現実に共に向き合い、あなたと共に祈って下さいます。

「人を恨まないで、和解しなさい。」とイエス様は言われます。自分には許せない人のためにも祈っていて下さり、あなたと共にいて下さるイエス様にすべてをお委ねできますように。

関連記事