喜びにあふれて今

祈り)天の神様、新しい目覚めを私たち一人一人に与えて下さりありがとうございます。
「私はここにいていいのだろうか」と急に不安になったり、自分を孤独に追いつめてしまうことがあります。
そのような私に神様あなたは「あなたはここにいていいんだよ」とやさしく愛で包んで下さいます。
今ここに神様あなたが共におられ、私を必要として下さり、私にここにいる「時」を与えて下さっています。
神様あなたがいつも私と共にいて下さるので私は決して一人ではありません。そのことを感謝して生きる毎日でありますように。

これから語られますみことば、この語る者を通して、ここにおられるお一人お一人へと、
そしてそれぞれの心にある方々お一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
神様あなたにすべてをお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。
アーメン。

【参照聖書箇所:ヨハネによる福音書1章10〜13 節】

言(ことば)は世にあった。世は言(ことば)によって成ったが、世は言(ことば)を認めなかった。(10節)

「あなたから言葉は決してとられない。」この言葉は何年も前に、診察で私がお医者さんに言われた言葉です。病気の診断を受けたばかりで、いずれは自分が話す言葉も相手には伝えにくくなるだろうという不安から、お医者さんに「何年後くらいに喋り辛くなりますか?」と私が聞いた時のお医者さんの答えでした。以前、いつも一人でいらっしゃる方に「どうしてお一人の時が多いんですか?」とお聞きした時に、その方が「こんな喋り方だから」と喋り方に苦労されていることを知り、その方に共感し、何年か前にお医者さんに言われた先ほどの言葉を思い出しました。

今日の聖書で「言(ことば)」という言葉が繰り返されています。これは単なる言葉のことではなく、真理や真(まこと)、キリスト教における愛である神様、イエス・キリストのことをこの福音書でヨハネが表現した言葉です。昔、日本に来たばかりの宣教師たちがそこで暮らしている農民に「神の愛」をわかりやすく伝えるために「デウスのご大切」と表現したように、その時代そこに生きている人々に、 真理や真、愛である神様、 イエス・キリストを「言」という言葉を用いて表現されたようです。どうしてそんな面倒くさいことをしてまで、と思われる方もおられるかもしれませんが、今も私たち一人一人と共に生きて働かれておられる神様がどのような存在であられるのかを知って欲しいからです。それは私たち一人一人の喜びから溢れるもの以上に神様の喜びなのです。

何年も前、私に「あなたから言葉は決してとられない。」と言われたお医者さんは深い意味で言われたつもりはないかもしれません。ですが、私が恐れていた病気の進行は今、現実になっていますが、「言」である神様が今、私と共に歩まれて下さっておられることを喜び、また確信しています。

お一人お一人と共に今、「言」であるイエス・キリストは喜びに溢れ、生きておられます。

関連記事