いつも心を神様に向けて

マルコ13:32-37
​ 13:32 「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。父だけがご存じである。 13:33 気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつなのか、あなたがたには分からないからである。 13:34 それは、ちょうど、家を後に旅に出る人が、僕たちに仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目を覚ましているようにと、言いつけておくようなものだ。 13:35 だから、目を覚ましていなさい。いつ家の主人が帰って来るのか、夕方か、夜中か、鶏の鳴くころか、明け方か、あなたがたには分からないからである。 13:36 主人が突然帰って来て、あなたがたが眠っているのを見つけるかもしれない。 13:37 あなたがたに言うことは、すべての人に言うのだ。目を覚ましていなさい。」
  
         

 

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。
朝目覚め、思いっきり空気を吸い込み、
人に会ったら「おはよう」と言葉を交わすことができるのは、
本当に当たり前のことではなく、
私たち一人一人に与えられる神様、あなたからの恵みであることを思い起こす時、
一人一人がその人なりの表現の仕方で神様、あなたに感謝できますように。
そして、今年も神様、あなたから与えられます出会い一つ一つに
神様あなたからの愛がいっぱい詰まっていることを覚えて感謝できますように。

新しい年が始まります。
希望で胸がいっぱいの人、これから始まる新しい生活がどうなるか不安がいっぱいの人、様々でしょう。
しかし、全ての出会いは神様から与えられます。
不安の中にあっても、あなたからの愛の中に生かされる私たちであることを信じて歩んでいけますように。

これから語られます神様、あなたからのみ言、
この語る者を通して神様
あなたがここにおられるお一人お一人へとお語り下さいますようお願いします。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお捧げ致します。

アーメン。

 

「あなたがたに言うことは、すべての人に言うのだ。目を覚ましていなさい。」                      マルコ13:37

 

おはようございます。

いろいろ初めてのことに出合い、計画を立てる方々や、
様々な理由で計画しておられた方々がその通りにならないこともたくさん起こっています。
それら一つ一つのことに心を痛めたり心をはずませたり、
いろいろな思いが私たちにはあります。
嬉しいことも悲しいこともいろんな想いが複雑に絡み合う、
それが私たち一人一人が今、生きているという現実なのかもしれません。

さて、今ご一緒にお読み致しました聖書の箇所に於いて主イエスは「目を覚ましていなさい」と言われます。
「気をつけていなさい」とか「注意していなさい」ではなく
「目を覚ましていなさい」と言うのです。
気をつけたり注意していなくても、目を覚ましていればいいのです。
この「目を覚ます」という意味は肉体的なことだけには留まりません。
心の目のことも指しています。
門番が自分の与えられている任務を怠って、主人が帰って来る前に寝てしまってはいけません。
このように自分に与えられている大切なことに対して、それを一番に優先しなさいという意味です。

私たち一人一人の主人は神様です。
神様が一人一人に与えられる「時」はみんなに一遍に与えられる大雑把なものではありません。
一人一人神様が与えられる「時」は、その人一人に合わせて与えられるものです。
だから、一人一人のやり方で一人一人のペースで受け止めればいいのです。
皆が注意したり気をつけていれば大丈夫なのではなくて、人任せにもできません。
あなたが心の目を神様に向けて、覚ましていることを主イエスは大切なこととして今日のみ言で私たちに語られています。

神様から与えられる「時」や「愛」、「恵み」は一人一人に丁寧に与えられます。
あなたに心の準備もないのに神様から一方的に与えられるものでもありません。
注意したり気をつけろというように不安をかきたてられるような方法ではなく神様はあなたに与えられます。

あなたは神様に向けて心の目を覚ましていればいいのです。

関連記事