あなたはわたしにとって必要な存在

マタイ5:13-16
​ 5:13 「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。 5:14 あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。 5:15 また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。 5:16 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」
  

祈り)
天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
目覚めること、それは決して当たり前のことではありません。
目覚めのときは一人一人に与えられます。
そして、その思いは一つではありません。
一人の人にとっても、昨日の目覚めも、明日の目覚めも、
同じようなときがあったとしても、
全く同じであることがないように、
私たちはいろんな感じ方をすることや、
いろんな思いを持つ事は自由です。
神様あなたに与えられている「今」というこの時も、
かけがえのないものとして受け取り、大切に生きる私たちにして下さい。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。

このお祈りを、主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

 

「そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」マタイ5:16

 

おはようございます。
私は何のために生まれてきたのだろうか。
あれもできないし、これもできないし、なんて思う事はありませんか?
私はあります。
私が今かかっている病気は、本当にゆっくりですが、できることが少しずつできなくなります。
皆様の目に見えてよくわかることでは、自分の足で歩くことができづらくなっていることです。
また字を書くことができづらく、それは字が上手い下手のレベルではありません。
数えればきりがありませんし、今の医学ではどうすることもできず、
これからも不便になることがどんどん増えていくでしょう。

よく「。。。ができないと人間じゃない。」というような言葉を耳にするときがあります。
自分が何でもない時はあまり気になりませんでしたが、今はいろんなことで考えさせられます。
しょっぱい物に塩という名前をつけたのは人間です。
人間に名前をつけたのは人間です。
しかし、命を与えて下さっておられるのは神様です。
私たち人間は命を与えられて存在しています。
「。。。ができるから」存在しているのではなくて、
存在しているから「。。。できる」のです。
だから、私は何のために生きているのだろうかと問う前に、
あなたは神様によって命を与えられて、今存在している」という事を思い出して下さい。

私たち一人一人は神様に命を与えられている限り、
一人一人が永遠に必要とされているのです。

関連記事