体調が悪い時の聖書 ~神様と共に~

ルカ1:26-38
1:26 六か月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。 1:27 ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。 1:28 天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」 1:29 マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。 1:30 すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。 1:31 あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。 1:32 その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。 1:33 彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。」 1:34 マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」 1:35 天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。 1:36 あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。 1:37 神にできないことは何一つない。」 1:38 マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。
祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。

新しい一瞬一瞬を神様あなたに与えられているんだと、私たちはいつも思う事はできません。それどころかあなたに与えられて「今」があることさえ忘れてしまう時がたくさんあります。しかし神様あなたはたとえ私が忘れている時でも忘れないで「命」を与え、「今」というこのかけがえのないときを与えて下さいます。「神様ありがとう」という思いは私たちは一生のうちに何回思う事でしょう。思う回数ではなく私自身が神様あなたに立ち帰ることをいつでも待っていて下さることに感謝します。

これから語られます神様あなたからのみ言、この語る者を通して神様あなたがお語りください。ここにおられるお一人お一人の心にある方々とも祈りを合わせ、この語る者の全てを神様あなたにお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってみ前にお捧げ致します。アーメン。

おはようございます。「私は主のはしためです。お言葉通りこの身になりますように」と今朝、与えられました聖書の箇所の中にある「ルカ1:38」でマリアが天の使いである天使ガブリエルを通し神様へと告白します。「そんなの神様の勝手よ。私は知らないわ」とはマリアは言いません。ちゃんと天使ガブリエルからの言葉を受け止めて神様と共に歩むことを受け入れます。

最近、身体が思うように動かない日が続いたせいか、ある日「神様もわかりやすくしてくれればいいのにな」って叫んでました。私の言葉を聞いた方が「身体が全く動かなくなるとか?突然、走り出して踊り出すとかですかね」

今の自分と共にいて下さる神様と一緒に向き合うことと、自分は現実から逃げて神様に勝手にしてくれと投げ出すこと、どちらを選ぶのも私に任されていることに気付き「神様の御心を待つ」という大切さやそのことへの勇気を感じました。マリアも「どうぞ神様ご勝手に」ではなく「神様と共に歩みます」と信仰を告白しました。

私もそのように一瞬一瞬を神様と共に歩く自分でありたいと思います。
主と共に歩むお一人お一人でありますように。

関連記事