一人暮らしが辛いです

https://biblestudy.jp/wp-content/uploads/2014/02/0f2542dcbb1fbec63950a582529599e0.png
るたー

お前も「選ばれし者」なのか?

新年度を迎えて、4月から新たに一人暮らしを始めた人も多いんではなかろうか。人によっては辛く感じてくる頃じゃろう。

キリスト教の歴史において、一人で暮らすということはそれ自体修行であった。
初期の修道士たちは砂漠に引きこもって一人暮らしをした。一人になって自らと向き合い、神と向き合う・・・。現代よりもはるかに濃密な人間関係の中に生きていた昔の人にとって、一人孤独に暮らすことは修行そのものであった。

中世になって集団で暮らす形の修道院制度が発達してもなお、独居というのは特別な修行として残った。特別の許可を得た優秀な修道士だけが、修道院周辺に小屋を建てて一人で暮らすという修行を行っていたんじゃ。人は孤独に弱い。あくまでも基本は共同生活、一人暮らしは選ばれし者にだけ許されたオプションじゃった。

というわけで、本来このように一人暮らしというのは困難なものなのじゃ。孤独を甘く見てはいかん。
せいぜい新手の修行と思って励むがよい!「選ばれし者」としての誇りを持って孤独と闘え。それが嫌なら適度に人と会うことを心がけるんじゃな。

関連記事