死ぬのが怖いです

https://biblestudy.jp/wp-content/uploads/2014/02/0f2542dcbb1fbec63950a582529599e0.png
るたー

わかるぞ。

死ぬのが怖いです、かあ・・・。わしも若いころはそうじゃった。

わしは学生時代に二度死にかけたことがある。一度目は腰に差していた短剣を誤って太ももに刺してしまった時、二度目は路上で雷にあった時じゃ。若かったわしは恐怖でいっぱいになった!雷にあった時など、とっさに「命を助けてくださったら修道士になります」とお祈りしたほどじゃ。(実際助かったから修道士になった。)

しかし時が流れて50代も後半になったころ、わしは友人とこんな会話をした。友人に「もし神の意志なら、あなたはなお四十年も生きられるであろう」と言われたわしは、「神がたとえ天国に住むべく、なお四十年の年月を私に与えてくださったとしても、私はそれを受け取りたくない」と答えたんじゃ。

わしの場合、若い時はあんなに死ぬのが怖かったのに、年を取ると生きてるほうが面倒くさくなってきた。自然と体も衰えてくるし、周りの人もだんだん天国へ行っていなくなるじゃろ。なんとなく自分もそろそろ天国に帰りたくなってくるんじゃよ・・・。

今死ぬのが怖いなら、それは今のキミが若く健康でたくさんの人に囲まれている証拠じゃなかろうか。安心しろ。生きているうちにだんだんそういうものを失っていって、穏やかな気持ちで死を待つようになる。

じゃからそれまでは楽しんで生きろ。好きなものを食って、行きたいところに行け。
ちなみにわしは1483年に63歳で死んだ。いつか天国で会おう!

関連記事