ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

ローマ4:13-25
​ 4:13 神はアブラハムやその子孫に世界を受け継がせることを約束されたが、その約束は、律法に基づいてではなく、信仰による義に基づいてなされたのです。 4:14 律法に頼る者が世界を受け継ぐのであれば、信仰はもはや無意味であり、約束は廃止されたことになります。 4:15 実に、律法は怒りを招くものであり、律法のないところには違犯もありません。 4:16 従って、信仰によってこそ世界を受け継ぐ者となるのです。恵みによって、アブラハムのすべての子孫、つまり、単に律法に頼る者だけでなく、彼の信仰に従う者も、確実に約束にあずかれるのです。彼はわたしたちすべての父です。 4:17 「わたしはあなたを多くの民の父と定めた」と書いてあるとおりです。死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。 4:18 彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じ、「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、多くの民の父となりました。 4:19 そのころ彼は、およそ百歳になっていて、既に自分の体が衰えており、そして妻サラの体も子を宿せないと知りながらも、その信仰が弱まりはしませんでした。 4:20 彼は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく、むしろ信仰によって強められ、神を賛美しました。 4:21 神は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと、確信していたのです。 4:22 だからまた、それが彼の義と認められたわけです。 4:23 しかし、「それが彼の義と認められた」という言葉は、アブラハムのためだけに記されているのでなく、 4:24 わたしたちのためにも記されているのです。わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められます。 4:25 イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。
  

                                                                        祈り)
天の神様、新しい目覚めを私たちにありがとうございます。
今日も一日が始まりました。
なんとなく今日を迎える人や、
すごい!新しい一日も迎えることができた、と思う人、
人が存在すればその人数の分だけ感じ方があります。
しかし、それぞれの人が感じる感じ方はその違いがあってこそ、
生きていることを実感することがあります。
それは、きっと子どもと大人や、ご高齢の方、それぞれにも違ってくるのでしょう。
感じるということが私たちの命を支える大切な役目をしていることも、
心のことを考えるときも身体の健康を考えるときも、
考えさせられることがたくさんあります。
与えられる一瞬一瞬も神様、あなたによって支えられていることを感謝できますように。

これから語られます神様あなたからのみ言、この語る者を通して
神様、あなたがここにおられるお一人お一人へとお語り下さいますようお願いします。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお捧げ致します。

アーメン。

 

「イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。」ローマ4:25

 

おはようございます。
私たちは今、生かされてここにいます。
いやいや私は違うと、もしおっしゃる方がおられても
ご自分がご自分の生き方を選ばれてきたのかもしれませんが、
その意思を支え、一人一人に命を与えて下さっておられる方がいるからだと思います。
生きている中で私たちは、必要だけど相反するものなのではないかと思うような大切なことを、抱えることがあるのではないでしょうか。
「信仰」と「律法」も同じです。
どちらも人の命を守るためには必要です。
困ってしまう時もあります。どちらも大切だと思うが故に命が犠牲になるときがあるときです。
イエス様がこの世に見えるかたちで生きていらっしゃったとき、
「律法」を理由にする多くの人に批判をされ、裁きにあいました。
お腹がすいていたため律法を守れない人や、
病をイエス様が癒された時が律法では仕事をしてはいけない日と定められていたり。
しかし、何が本当に大切なのでしょうか。
それを教えて下さったのは偉い学者でも、歴史上の偉い人でもありません。
それはイエス様である神様です。
いろんな事情があって親も子どもに直接伝えられないこともあるかもしれません。
でも神様はあなたに直接語りかけて下さいます。
「あなたは大切なかけがえのない存在です。」と

律法を守るために命があるのではありません。
一人一人の命を守るために律法があるのです。
そして律法を守る大切さは、一人一人の命を大切にされる神様への信仰が教えてくれます。
今、神様に生かされてある命。
一人一人の存在は大切です。