ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

ルカ1:67-79
​ 1:67 父ザカリアは聖霊に満たされ、こう預言した。 1:68 「ほめたたえよ、イスラエルの神である主を。主はその民を訪れて解放し、 1:69 我らのために救いの角を、/僕ダビデの家から起こされた。 1:70 昔から聖なる預言者たちの口を通して/語られたとおりに。 1:71 それは、我らの敵、/すべて我らを憎む者の手からの救い。 1:72 主は我らの先祖を憐れみ、/その聖なる契約を覚えていてくださる。 1:73 これは我らの父アブラハムに立てられた誓い。こうして我らは、 1:74 敵の手から救われ、/恐れなく主に仕える、 1:75 生涯、主の御前に清く正しく。 1:76 幼子よ、お前はいと高き方の預言者と呼ばれる。主に先立って行き、その道を整え、 1:77 主の民に罪の赦しによる救いを/知らせるからである。 1:78 これは我らの神の憐れみの心による。この憐れみによって、/高い所からあけぼのの光が我らを訪れ、 1:79 暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、/我らの歩みを平和の道に導く。」
  

 

祈り)
天の神様、私たち全ての一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。
私に心を留めて下さる神様は、世界中の一人一人に同じように心を留めて下さっています。
「誰も見ていないから」と思って悪いことをしてしまったり、
いじけてみたりする私たちですが
神様、あなたからの眼差しは全ての人にどんなときであっても
一人一人へと注がれています。
一人一人を監視するためでも、危なっかしいから一人にしておけないからでもなく、
神様、あなたからの眼差しは一人一人を包んでくれます。
そのように、あなたから注がれるやさしい眼差しから逃げたり、
隠れたりするのでなく、気付かないで神様を恨むのでもなく、
安心して自分のペースで歩めますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。

アーメン。

 

『暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、我らの歩みを平和の道に導く。』

                                 ルカ1:79

 

おはようございます。
年末になるとテレビではクリスマスのケーキやごちそうの宣伝が流れたり街には、イルミネーションが煌びやかに飾られてクリスマスソングも流れます。
みんな何がそんなに楽しいのでしょうか?
クリスマスの本当の意味って何なんでしょうか?
最近では「クリスマスはイエス様の誕生日で教会のお祝いなんだよね。」
と言われる方も少なくないそうです。
でも12月25日はイエス様の誕生日でも、教会だけのお祝いでもありません。
「クリスマスはプレゼントがもらえるから嬉しいの。」と誰かが言ったのを聞いたことがあります。

そうです。クリスマスは神様から人間にプレゼントを贈られた日を覚える日です。
そのプレゼントは一度だけなのでしょうか。
そうではなくて「神様はいつも人間に愛を贈っているよ」と知らせるために
一度だけイエス様をこの世に誕生させられました。
だから、私たちの誕生日を祝うのは年に一度だけかもしれませんが、
神様から贈られている愛は一瞬一瞬、全ての一人一人に贈られています。
一人一人を神様はいつも大切にされておられることを、
全ての一人一人に知らせるためにイエス様はこの世にお生まれになりました。
年末、お祝いされるクリスマスは決まった日ではありません。

毎日の一瞬一瞬が与えられていることが、皆生かされている命を喜ぶ日なのではないでしょうか。
クリスマスケーキを食べたり恋をしたり、イルミネーションを見たりすることも、
一人一人皆が生かされている今を喜ぶためにあるのです。