ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

出エジプト記20:17
​ 20:17 隣人の家を欲してはならない。隣人の妻、男女の奴隷、牛、ろばなど隣人のものを一切欲してはならない。」
  

 

祈り)
天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。
今、出会う一つ一つのこと、
今、感じることのできる自分、
全てのことは今、神様あなたに命を与えられていなければ
ひとつも感じることができないかけがえのないものです。
「どうしてこんな人生が...私はもっと違う生き方をしたかったのに」と思う時もあります。
与えられている命を、
与えられている場所で精一杯生きる私たちでありますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。
このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

 

『隣人の家を欲してはならない。隣人の妻、男女の奴隷、牛、ろばなど隣人のものを一切欲してはならない。」』出エジプト20:17

 

おはようございます。
このように皆様と共にみ言に聴く時を与えられていることを感謝しています。
最近、子どもを怒ることができない親が増えているそうです。
他の家の子ではありません。自分の子どもです。
でも神様には他の家庭の子なんていません。
皆、神様に造られ大切にされているからこそ怒ります。

十戒は「~してはいけない」「~すべきだ」と私たち人間に語りかけられます。
いきなりそんな禁止令みたいなこと言わなくても、と私たちは思います。
しかし、これらの戒めは、神様から人間への愛があるからこそ語られます。
無関心な人へは、戒めどころか関心も持って下さらないでしょう。
しかし、愛する存在と愛されている存在だからこそ、
これらの戒めの意味が一人一人に染み渡るのです。

今、お読みした20:17の戒めを、神様の愛のフィルターで通してみましょう。
神様の声が聴こえます。
「我が子よ、自分を他の人と比べることはないよ。
おまえはおまえなんだから。」