ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マルコ11:1-11
​ 11:1 一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山のふもとにあるベトファゲとベタニアにさしかかったとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、 11:2 言われた。「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことのない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、連れて来なさい。 11:3 もし、だれかが、『なぜ、そんなことをするのか』と言ったら、『主がお入り用なのです。すぐここにお返しになります』と言いなさい。」 11:4 二人は、出かけて行くと、表通りの戸口に子ろばのつないであるのを見つけたので、それをほどいた。 11:5 すると、そこに居合わせたある人々が、「その子ろばをほどいてどうするのか」と言った。 11:6 二人が、イエスの言われたとおり話すと、許してくれた。 11:7 二人が子ろばを連れてイエスのところに戻って来て、その上に自分の服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。 11:8 多くの人が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は野原から葉の付いた枝を切って来て道に敷いた。 11:9 そして、前を行く者も後に従う者も叫んだ。
「ホサナ。
主の名によって来られる方に、
祝福があるように。
11:10 我らの父ダビデの来るべき国に、
祝福があるように。
いと高きところにホサナ。」
11:11 こうして、イエスはエルサレムに着いて、神殿の境内に入り、辺りの様子を見て回った後、もはや夕方になったので、十二人を連れてベタニアへ出て行かれた。
  

 

祈り)
天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
あなたが一人一人に息を吹き入れ、
命を与えて下さっている人間一人ひとりには、
その命が与えられた日、誕生日があります。
「私はもう誕生日を祝うような歳じゃないわ」
と言われる方もおられるかもしれませんが、
一人ひとりに命が与えられるかけがえのない日に歳はあまり関係なく、
喜んでいい日です。
私たち一人ひとりは今、
神様から与えられている数えきれない恵みの中を生かされています。
いつも私たち一人ひとりを大切にされ、共に歩まれる神様に感謝できますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して、
ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。

アーメン。

 

『主がお入り用なのです。すぐここにお返しになります』と言いなさい。』マルコ11:3

 

おはようございます。
今、ご一緒にお読み致しました聖書の箇所はエルサレム入城」ともいわれ、
イエス様がその時代にユダヤ教で大切にされていた行事に参加されるために歩んだと語られる箇所です。
昔の日本でいうお伊勢参りに近い宗教的行事だったと理解しています。
そして、このイエス様のエルサレム入城は、
いわゆる十字架への道を歩まれて行ったとも言われております。
この聖書の箇所は、なんとクリスマスの季節が始まるアドベントの第一主日にも読まれる箇所です。
イエス様のエルサレム入城も、お生まれになられた意味も十字架の死に続いてたのでしょうか?
決してそうではなく、イエス様は十字架の死を超えた命への道を私たちに与えて下さったのです。
でも、現代に生きる私たちが、どんなに聖書を読んだとしても、
聖地旅行へ行ってエルサレムの土を踏んだとしても
イエス様を目で見る事はできません。
イエス様は今、私たちの目には見えない聖霊のお姿で共におられるからです。
イエス様は弟子達に言われました。
「主がご入用なのです」と言って子ロバを連れて来るように。
命への道は主イエスがお一人で歩まれるわけではありません。
主がご入用なのは、現代に生きる私たち一人ひとりでもあります。
イエス様をお一人にしないで下さい。
主イエスが命への道を歩まれるその時あなたが必要です。