ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

イザヤ53:11-12

53:11 彼は自らの苦しみの実りを見
それを知って満足する。
わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために
彼らの罪を自ら負った。
53:12 それゆえ、わたしは多くの人を彼の取り分とし
彼は戦利品としておびただしい人を受ける。
彼が自らをなげうち、死んで
罪人のひとりに数えられたからだ。
多くの人の過ちを担い
背いた者のために執り成しをしたのは
この人であった。
  

 

祈り)
天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
いろいろな気温差や気候の中で、体調を崩される方も少なくありません。
お一人おひとりの体調と共に、心も神様あなたがお支え下さい。

私たちは様々な出会いをあなたから与えられます。
時には歓迎できるものも、
時には自分には到底受け入れることができないようなことも
出合う事があります。
いつも心を神様に向けて、
歓迎できるものも、受け入れることができないようなことも、
あなたが私たち一人ひとりに与えられる、
一人ひとりの「与えられた時」であり、
神様と共に受け入れることができると信じ、
歩む事ができますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。

このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。

アーメン。

 

『彼は自らの苦しみの実りを見それを知って満足する。
わたしの僕は、多くの人が正しい者とされるために彼らの罪を自ら負った。』
イザヤ53:11

 

おはようございます。
神様からのみ言を通して、こうして皆様お一人おひとりの魂と出会えますことを感謝しています。よく入院仲間に言われます。
「待っている人たちがいるからいいね。」って。
もちろんその方にも家族はおられ、その人が家に帰って来るのを待っておられると思います。
一般にいわれる家族ではなく、
職場があるから羨ましいと、その人は言っておられると思います。
もう30回を超える回数、私はこの言葉を皆さんに言わせて頂いてます。

今、また言わせて下さい。
「ただいま。」
この「ただいま」という言葉は、自分の家に帰る時、
家にいる兄弟や親に言います。
それこそ、私たちは何回言ってきたでしょう。
「ただいま」「お帰り」と言う関係は家族で、
それは、今それぞれの場所で聖書から聴いている私たちも家族なのではないでしょうか。
一人ひとりは皆、兄弟姉妹です。
どこかの集会で、誰かが休めば心配したり、
久しぶりにいらした方がおられれば喜んだりします。
では、今私たちが聖書から聴く者にとって親は誰なのでしょうか。
それは神様です。
でも、私たち一人一人が気づかずに犯してしまった悪い事など、
人間では把握しきれないどうしようもないことを
「お父様ごめんなさい。」と謝って下さった方がおられます。
自分がわからないうちにやってしまうこと。
その一つひとつは人間である私たちには背負いきれない、
たくさんのものがあります。
このままでは全ての一人ひとりの親である神様に
「ただいま」と言えません。
そして、神様からの「お帰り」が心に届きません。
全ての一人ひとりが神様の家族として「ただいま」と言えるように、
イエス様が一人ひとりの代わりに全ての罪を負い、
私たち一人ひとりを神様のもとへと心を向けられるように執り成して下さいます。
私たちはイエス様と共に歩んでいることをただ信じて歩むだけです。
私たちにできること、それはイエス様の執り成しによってある今を感謝することなのです。