ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ6:25ー34
​ 6:25 「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。 6:26 空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。 6:27 あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。 6:28 なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。 6:29 しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。 6:30 今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。 6:31 だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。 6:32 それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。 6:33 何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。 6:34 だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」
  

 

祈り)
天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
今、自分に与えられているもの、それはたくさんあります。
それらに感謝することから一日を始められることに感謝します。
命を与えて下さり、光や空気これら全ての自然、
一人ひとりにふさわしい場所や時。
そして、それら一つ一つの存在を大切にされておられる神様に感謝します。
神様が与えて下さるその空間の中を、
安心して感謝して歩み、
「今」というこの全てに感謝します。

これから語られますみ言、この語る者を通して、
ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。
このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。

アーメン。

 

『だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」』マタイ6:34

 

おはようございます。
「思い悩むな」と、与えられた聖書の箇所に語られています。
私たちは物事を反省したり、後悔したりしてしまう存在です。
「あー、あの時こうしておけば」とか
「こっちを選べばよかった」とか。。。
反省して次は同じようなことは繰り返さないようにすることもできます。
しかし、「何でこんな顔に生まれてきたんだ」とか
「どうしてこんな所に」、「自分なんか生きてても。。」という問い、
いわゆる自分の存在への問いは自分にはどうしようもありません。

昔、「過去や未来や他人は変えられないんだよ」と言われたことがあります。
未来を不安に思って、自分に与えられている大切な「今」を
感謝できないこともあるんだと考えさせられた事もあります。
自分が「今」存在していることは、神様のご計画であり、
一人ひとりふさわしい所で、ふさわしい存在として、
神様に存在させて頂いてます。

今、与えられました聖書の箇所においてイエス様は言われています。
「野の花を見なさい。」と。
また「空の鳥を見なさい」と。
全ての一つ一つは神様にとって必要な存在です。
私たち一人一人も神様に大切にされ、命を与えられています。

一人一人がそのまま神様に必要とされています。