ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

ローマ4:13−25
​ 4:13 神はアブラハムやその子孫に世界を受け継がせることを約束されたが、その約束は、律法に基づいてではなく、信仰による義に基づいてなされたのです。 4:14 律法に頼る者が世界を受け継ぐのであれば、信仰はもはや無意味であり、約束は廃止されたことになります。 4:15 実に、律法は怒りを招くものであり、律法のないところには違犯もありません。 4:16 従って、信仰によってこそ世界を受け継ぐ者となるのです。恵みによって、アブラハムのすべての子孫、つまり、単に律法に頼る者だけでなく、彼の信仰に従う者も、確実に約束にあずかれるのです。彼はわたしたちすべての父です。 4:17 「わたしはあなたを多くの民の父と定めた」と書いてあるとおりです。死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。 4:18 彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じ、「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、多くの民の父となりました。 4:19 そのころ彼は、およそ百歳になっていて、既に自分の体が衰えており、そして妻サラの体も子を宿せないと知りながらも、その信仰が弱まりはしませんでした。 4:20 彼は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく、むしろ信仰によって強められ、神を賛美しました。 4:21 神は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと、確信していたのです。 4:22 だからまた、それが彼の義と認められたわけです。 4:23 しかし、「それが彼の義と認められた」という言葉は、アブラハムのためだけに記されているのでなく、 4:24 わたしたちのためにも記されているのです。わたしたちの主イエスを死者の中から復活させた方を信じれば、わたしたちも義と認められます。 4:25 イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。
  

 

祈り)
天の神様、私たち一人ひとりに新しい目覚めをありがとうございます。
しかし、いつも目覚めを喜ぶことができる私たち一人ひとりではありません。
もう少し目をつぶっていたい現実や、
できればなかったことにしたいような出来事が突然起こったりもします。
それが生きているということなのでしょうか。
時々、生きていることさえ面倒になる現実もあります。
そのような時でも神様あなたは私たち一人ひとりと共にいて、
共に立ち止まり、共に歩んで下さいます。
あなたに生かされ、今というかけがえのない時を与えられていることを
思い起こすことができますように、
一人ひとりの心を神様あなたがお支え下さい。

これから語られますみ言、この語る者を通して
ここにおられるお一人おひとりへと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。
このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。

アーメン。

 

『イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです。』ローマ4:25

 

おはようございます。
新約聖書の一番始めから読もうとして人の名前が、
しかも、あまり日本では聞き慣れないカタカナの名前がずらずらと書かれていて
「よし、聖書を読むぞ」という決心が何度もくじけそうになった覚えはありませんか?
私はあります。
確かに新約聖書の一番はじめにある『マタイによる福音書』には
はじめに神様が造られたアダムからイエス様への系図が、
それこそずらずらと記されており、ちょっと戸惑います。
私たちにも先祖をたぐる系図というものがあり、
それを持っておられる方も少なくありません。
しかし、この系図はイエス様がこの世にお生まれになられたのだと
聖書を読む私たちへの証しでもあります。
もう一つ系図があります。
系図と言っても書き記す必要もないけど、大切な系図です。
はじめに申し上げた系図が血統を示す系図なら、こちらの系図は信仰を示すものです。

今、ご一緒にお読みいたしました聖書の箇所において
「父アブラハム」という言葉がたくさん出てきますが、
日本人である私の血統に、果たしてアブラハムはいるのだろうかと考える必要もないのです。
「信仰」の系図には時代も国も性別も関係ありません。
今、あなたは神様を信頼していますか?
これだけです。
信頼の仕方や態度、そのようなことを他の人が判断することでもありません。
「信仰」は比べるものでも差別するものでもなく、
神様に全てをお委ねます。
この世の価値観が、自分の存在を小さいものであるかのように思わせる時もあります。

しかし、復活されて今も共にいて下さる神様、
イエス様が等身大のあなたをそのまま受け入れていて下さっておられます。