ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

ヨハネ21:1-14
​ 21:1 その後、イエスはティベリアス湖畔で、また弟子たちに御自身を現された。その次第はこうである。 21:2 シモン・ペトロ、ディディモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナ出身のナタナエル、ゼベダイの子たち、それに、ほかの二人の弟子が一緒にいた。 21:3 シモン・ペトロが、「わたしは漁に行く」と言うと、彼らは、「わたしたちも一緒に行こう」と言った。彼らは出て行って、舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。 21:4 既に夜が明けたころ、イエスが岸に立っておられた。だが、弟子たちは、それがイエスだとは分からなかった。 21:5 イエスが、「子たちよ、何か食べる物があるか」と言われると、彼らは、「ありません」と答えた。 21:6 イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった。 21:7 イエスの愛しておられたあの弟子がペトロに、「主だ」と言った。シモン・ペトロは「主だ」と聞くと、裸同然だったので、上着をまとって湖に飛び込んだ。 21:8 ほかの弟子たちは魚のかかった網を引いて、舟で戻って来た。陸から二百ペキスばかりしか離れていなかったのである。 21:9 さて、陸に上がってみると、炭火がおこしてあった。その上に魚がのせてあり、パンもあった。 21:10 イエスが、「今とった魚を何匹か持って来なさい」と言われた。 21:11 シモン・ペトロが舟に乗り込んで網を陸に引き上げると、百五十三匹もの大きな魚でいっぱいであった。それほど多くとれたのに、網は破れていなかった。 21:12 イエスは、「さあ、来て、朝の食事をしなさい」と言われた。弟子たちはだれも、「あなたはどなたですか」と問いただそうとはしなかった。主であることを知っていたからである。 21:13 イエスは来て、パンを取って弟子たちに与えられた。魚も同じようにされた。 21:14 イエスが死者の中から復活した後、弟子たちに現れたのは、これでもう三度目である。
  

 

祈り)
天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。
このように目覚める時、私たちはいろんな思いを持ちます。
「今日も目覚めて良かった。」とか
「なんだか今日は調子が悪いな。」とか。
しかし、一つ一つの目覚めに当たり前の目覚めはありません。
神様、あなたに与えられる命、目覚めを感謝する心の落ち着きを持てますように。
今日出合う一つ一つのことに、そしてお一人お一人にも、
あなたからの恵みがたくさん詰まっていることを感じる心を持てますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して、
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。
このお祈りを、主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。

アーメン。

 

「イエスは、『さあ、来て、朝の食事をしなさい』と言われた。弟子たちはだれも、『あなたはどなたですか』と問いただそうとはしなかった。主であることを知っていたからである。」
ヨハネ21:12

 

おはようございます。
海に漁にでる漁師さんが「私は漁に行く」と言っても何の不思議はありません。
しかし、それは時と場合にはよらないでしょうか?
今、ご一緒にお読みした聖書の箇所のヨハネ21:3において、ペトロさんが言った時はまだ、
イエス様を十字架にかけて殺してしまった人々が、
イエス様の弟子だった自分たちを捕まえに来るのではないかと不安でしょうがない時だったと思います。
そのような時にペトロは「日常の生活に戻ろう」と勇気を出した場面を描かれています。
しかし、さすがに昼間に行動を起こすのは怖かったのか、夜中に船を出したようです。

私も少しペトロさんとは状況は違うかもしれませんが、
幼い頃は杖も持たず走り回っていたので、
杖をつくようになってから初めて母方の親戚たちに会うときそれはそれは勇気がいりました。
その時は私が笑っていたので、周りの親戚たちもあまり気にしないで済んだみたいでしたが、
私は本当にどきどきでした。

日常の中でも、日常に戻る勇気が必要な時があります。
そのような時でも、日常の中に私と一緒にイエス様がおられることを
今、ご一緒にお読みした聖書の箇所は私に語りかけて下さいました。
どんな時でもあなたは一人ではないと、
イエス様は私たち一人一人に語りかけて下さいます。
たとえあなたがイエス様を意識していなくても、
イエス様は一人一人を覚え、気に掛けて共にいて下さいます。

決してあなたは一人ではありません。