ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マルコ12:1-12

12:1 イエスは、たとえで彼らに話し始められた。「ある人がぶどう園を作り、垣を巡らし、搾り場を掘り、見張りのやぐらを立て、これを農夫たちに貸して旅に出た。 12:2 収穫の時になったので、ぶどう園の収穫を受け取るために、僕を農夫たちのところへ送った。 12:3 だが、農夫たちは、この僕を捕まえて袋だたきにし、何も持たせないで帰した。 12:4 そこでまた、他の僕を送ったが、農夫たちはその頭を殴り、侮辱した。 12:5 更に、もう一人を送ったが、今度は殺した。そのほかに多くの僕を送ったが、ある者は殴られ、ある者は殺された。 12:6 まだ一人、愛する息子がいた。『わたしの息子なら敬ってくれるだろう』と言って、最後に息子を送った。 12:7 農夫たちは話し合った。『これは跡取りだ。さあ、殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』 12:8 そして、息子を捕まえて殺し、ぶどう園の外にほうり出してしまった。 12:9 さて、このぶどう園の主人は、どうするだろうか。戻って来て農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるにちがいない。 12:10 聖書にこう書いてあるのを読んだことがないのか。
『家を建てる者の捨てた石、
これが隅の親石となった。
12:11 これは、主がなさったことで、
わたしたちの目には不思議に見える。』」
12:12 彼らは、イエスが自分たちに当てつけてこのたとえを話されたと気づいたので、イエスを捕らえようとしたが、群衆を恐れた。それで、イエスをその場に残して立ち去った。
  

 

祈り)
天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
毎日、私たちは新しい日々を与えられ、それぞれが心を新たにします。
私たち人間だけではありません。
木々や、野の花も命を与えられ輝いています。
たとえ、私たちにはあまり見えなくても
土の中に温もりや冷たさを感じます。
一つ一つのことは今、神様、あなたに命を与えられているからこそできることです。
私たちが今、神様、あなたに命を与えられているということを感謝できますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して、
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。
このお祈りを、主イエスキリストのお名前を通してお祈り致します。

アーメン。

 

『家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった。これは、主がなさったことで、わたしたちの目には不思議に見える。』マルコ12:10-11

 

おはようございます。
私たちはいつも、私たち一人一人のために、
キリストイエスが十字架の苦難の先の、命への道を歩まれておられることを
思い返す日々を共に歩んでます。
毎年毎年イースターの前の季節に、イエス様が歩まれた十字架の
先へと続く命への道を覚えて礼拝を守りますが、
毎年、イエス様が十字架に掛けられて死んで、
毎年、三日後に復活されてイースターを迎えるわけではありません。
イエス様が十字架に掛けられ、亡くなられ、三日後に復活されたのは一度だけです。
しかし、そのことを思い返し祈る私たち一人一人は、
イエス様を思い返す度に、その意味が自分に新たに語りかけられるのです。

今、ご一緒にお読みいたしました聖書の箇所では、
たとえ話をされるイエス様と、当時社会的に偉いとされていた人たちの、
心の中心が全く違っていることがわかり、とても滑稽に思いました。
このたとえ話は、偉い人たちには自分たちへの当てつけだと思ったようでしたが、
イエス様の心の中心は神様です。
そのような小細工は必要ありません。
当時偉いとされていた人たちは、神様ではなく群衆を恐れます。

私たちの心の中心が、自己防衛のためや権力やお金に向いてしまうとき、
イエス様を忘れてしまいます。
イエス様の教えさえも、自分を責めているようにしか受け取れないときもあります。
しかし、全ての一人一人を大切にして下さる神様であるイエス様は
変わることはありません。
私たち一人一人の心を神様に向けていて大丈夫です。