ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ21:12-17
21:12 それから、イエスは神殿の境内に入り、そこで売り買いをしていた人々を皆追い出し、両替人の台や鳩を売る者の腰掛けを倒された。 21:13 そして言われた。「こう書いてある。
『わたしの家は、祈りの家と呼ばれるべきである。』
ところが、あなたたちは
それを強盗の巣にしている。」
21:14 境内では目の見えない人や足の不自由な人たちがそばに寄って来たので、イエスはこれらの人々をいやされた。 21:15 他方、祭司長たちや、律法学者たちは、イエスがなさった不思議な業を見、境内で子供たちまで叫んで、「ダビデの子にホサナ」と言うのを聞いて腹を立て、 21:16 イエスに言った。「子供たちが何と言っているか、聞こえるか。」イエスは言われた。「聞こえる。あなたたちこそ、『幼子や乳飲み子の口に、あなたは賛美を歌わせた』という言葉をまだ読んだことがないのか。」 21:17 それから、イエスは彼らと別れ、都を出てベタニアに行き、そこにお泊まりになった。

 

 

祈り)
天の神様、新しい目覚めを与えて下さりありがとうございます。
今朝与えられた目覚め、新しい命、
神様あなたから与えられているものは数えきれません。
あいつにはこれだけ、あの人にはあれだけ、というように、
神様はえこひいきをしたり、差別をすることなく、
全ての一人一人に分け隔てすることなく与えてくださいます。
その一つ一つが私たちには当たり前に感じたり、
失った物ばかりに気を取られてしまったり、
その日や自分の置かれた状況によっていろいろな感情がわいてきたり、
不平不満を感じたりしますが、
神様、あなたから与えられているものは、私たち一人一人に満ちています。
あなたからの愛を、今日も感謝できる私たちでありますように。

これから語られますみ言葉、この語る者を通して、
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。
このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

 

 

『わたしの家は、祈りの家と呼ばれるべきである。』マタイ21:13

 

おはようございます。
今、ご一緒にお読み致しました聖書の箇所に語られているイエス様のお姿は、
いつも聖書に語られている温和でやさしいイエス様のお姿とは全く違い、
激しく怒り悲しむ姿が語られています。
しかし、イエス様は決して感情的なヒステリーを起こして、
周りの人々に当たり散らしたのではありませんでした。

本当に大切なものをめちゃくちゃにされたり、
本当に使ってほしいように使ってもらえなかった時や、理解してもらえなかった時、
私たちはどうするでしょう。
「こんな扱いは間違っているのに、何でわかってくれないんだ」
と怒ったり悲しんだり私たちはします。

イエス様もそうだったのだと思います。
そして、それ以上に「そのまま違う方向に使い続けたらあなた方は滅びてしまう。
ちゃんと神様を見なさい」と、
真実から離れようとしてる人々に、怒りと悲しみを覚えられたことでしょう。

私たち一人一人も、心に神様へと向かう神殿を持っています。
しかし、いつの間にか価値観が偏ってしまったり、神様を見失ってしまう時もあります。
でもそのようになっても、イエス様が一人一人の神殿を建て直して下さいます。
安心してイエス様に心をあずけることができます。
私たちが生きている生活の中には、社会的な価値観や比較が様々にあります。
自分の存在なんて価値がないと孤独になったりもします。

しかし、そのような悲しみで真っ暗な心にでも、
必ずイエス様は光を入れて、心の神殿を建て直して下さいます。
何度でも「あなたはかけがえのない存在なんだよ」とやさしくそして力強く。