ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ2:1-12
2:1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、 2:2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」 2:3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。 2:4 王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。 2:5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
2:6 『ユダの地、ベツレヘムよ、
お前はユダの指導者たちの中で
決していちばん小さいものではない。
お前から指導者が現れ、
わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
2:7 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。 2:8 そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。 2:9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。 2:10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。 2:11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
2:12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

祈り)
天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
お一人お一人が、いつも新たに心の中に様々な思いや決心があると思います。
これから歩む一瞬一瞬を、共に神様が歩まれていることに感謝して歩むことができますように、
私たち一人一人をも守って下さい。
そして、これからもいつも心の中心に、神様あなたがおられますように。

これから語られますみ言葉、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。

このお祈りを、主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

 

『ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った』マタイ2:12

おはようございます。
さて、皆様の心の中心には何がありますか?
家族のことであったり、友人、自分の健康のことであったり、
人の数だけ考えはいろいろあります。

神様は違います。
たった一つ、神様の心の中心には、かけがえのない一人一人の命を守ることがあります。
一人一人の存在が、神様にとって大切なんです。
だから、これからも毎年神様の心の中心には、あなたや私、
神様がお造りになられた全ての一人一人がいるのです。

今、共に聴きました聖書の箇所は、
「主の顕現日」と教会ではされている10月6日に読まれる聖書の箇所で、
よくクリスマス劇で演じられる三人の博士たちが、
この世に誕生された主イエスに出会うところです。
博士たちの心の中心は「偉い王様に会う」、「権力を大切にする心」から
「神様」、「命を守る心」へと変えられます。
それは、この世に生まれた主イエスとの出会いでした。
もし、博士たちの心の中心に権力があったのなら、
神様のお告げに従わず、ヘロデ王の言葉に従っていたのではないでしょうか。

現代を生きる私たちは、目で見えるかたちでは、
主イエスには出会えませんが、
見えないからこそ主イエスを近くに感じられます。

いつも主イエスに出会えるのです。
いつも心の中心に神様がおられる一瞬一瞬でありますように。