ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

 

エレミヤ7:1-11
7:1 主からエレミヤに臨んだ言葉。
7:2 主の神殿の門に立ち、この言葉をもって呼びかけよ。そして、言え。
「主を礼拝するために、神殿の門を入って行くユダの人々よ、皆、主の言葉を聞け。 7:3 イスラエルの神、万軍の主はこう言われる。お前たちの道と行いを正せ。そうすれば、わたしはお前たちをこの所に住まわせる。 7:4 主の神殿、主の神殿、主の神殿という、むなしい言葉に依り頼んではならない。 7:5 6 この所で、お前たちの道と行いを正し、お互いの間に正義を行い、寄留の外国人、孤児、寡婦を虐げず、無実の人の血を流さず、異教の神々に従うことなく、自ら災いを招いてはならない。 7:7 そうすれば、わたしはお前たちを先祖に与えたこの地、この所に、とこしえからとこしえまで住まわせる。 7:8 しかし見よ、お前たちはこのむなしい言葉に依り頼んでいるが、それは救う力を持たない。 7:9 盗み、殺し、姦淫し、偽って誓い、バアルに香をたき、知ることのなかった異教の神々に従いながら、 7:10 わたしの名によって呼ばれるこの神殿に来てわたしの前に立ち、『救われた』と言うのか。お前たちはあらゆる忌むべきことをしているではないか。 7:11 わたしの名によって呼ばれるこの神殿は、お前たちの目に強盗の巣窟と見えるのか。そのとおり。わたしにもそう見える、と主は言われる。

祈り)
天の神様、新しい目覚めを私たち一人一人に与えて下さりありがとうございます。
昨日は素晴らしいことをした日だったから、
今日は神様から飛びっきり良い目覚めを与えられたぞ。
とか、神様を信じているから寒い日も寒く感じないぞ。
と、思うときがあっても、
神様は一人一人に同じように一日を与えられ、
一人一人の感じる感覚を大切にされます。
私たちにはいつも神様が共におられて、一人ではないと同時に、
一人一人であることを大切にされています。
神様に大切にされている自分を生きる事ができますように。

これから語られます神様、あなたからのみ言、
この語る者を通して、神様あなたがお語りください。
ここにおられるお一人お一人の心にある方々とも祈りを合わせ、
この語る者の全てを神様あなたにお委ね致します。

このお祈りを、主イエスキリストのお名前によって、み前にお捧げ致します。

アーメン。

 

『主を礼拝するために、神殿の門を入って行くユダの人々よ、皆、主の言葉を聞け。』
エレミヤ7:2

 

おはようございます。
私たち一人一人には大切な宝物があるのではないでしょうか。
それは、自分の年齢や環境によって変わる物なのかもしれません。
では、神様にとってはどうでしょうか。
生まれたばかりのあなた。10歳になったあなた20.30.40….と歳を重ねている今のあなた。
神様にとっては何も変わらず大切なあなたです。
なぜなら、あなたという命の存在は、
神様にとっては変わる事のない、大切でかけがえのない存在だからです。
お一人お一人の心の中心に、
そのように変わらず自分を大切にして下さる神様がいらしたらどうでしょう。

よく聖書で語られる神様からの呼びかけに「立ち帰れ」という言葉があります。
これは物理的にどこかへ帰りなさいとの神様の呼びかけには留まらず
「あなたの心の中心をわたしの方へ向けなさい」という
神様からの呼びかけでもあります。
あなたという命の存在は、神様にとっては変わる事のない
大切でかけがえのない存在だからです。

そのことをあなたが今、思い起こすことができるために。
神様はあなたのために祈られておられます。