ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ22:1-14

 

祈り)
天の神様、新しい目覚めを私たち一人一人に与えて下さりありがとうございます。
「私たち」と思う時、いろんな私たちを思い浮かべます。
自分の家族であったり、この礼拝へと集う方々だったり、
自分が知っている人も知らない人も含めた人間一人一人のことだったり。いろいろです。
しかし、神様あなたが与えて下さる命の目覚めは、
あなたが造られた全ての一つ一つに余すことなく与えられます。
私たちは神様がお造りになられたたくさんの命の中の一つであり、
たった一つのかけがえのない命です。
そのことに感謝して過ごせる一瞬一瞬でありますように。

これから語られますみ言葉、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。
このお祈りを主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

 

おはようございます。
今朝、皆様とご一緒にお読みいたしました聖書の箇所において、
天の国の例えをイエス様は語られております。
お金持ちできらびやかな衣装をまとってないと祝宴に、すなわち天国には入れませんよと
イエス様がおっしゃっているのではありません。
「天の国」ではお金も身分も力も必要ありません。
それは、たくさんのみ言葉が私たちに語って下さってます。
神様の国である天の国も例外ではありません。
では、いったいイエス様は何を言いたかったのか。
それは「今、あなたも神の国を受け入れるか?」と問われているのです。
神様はいつも準備OKであなたを待っています。
しかし、神様に心を向けないままでみ国へ入ろうとする人の心を神様は見抜きます。
そして、イエス様という愛を通らない魂の汚れを持つ者は、容赦なく天の国から追い出します。
私たちに何ができるのでしょうか?イエス様の愛を受け入れるだけです。
何も恐れることはありません。
全ての一人一人はイエス様に愛されて共に生かされています。