ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マルコ9:14-29
9:14 一同がほかの弟子たちのところに来てみると、彼らは大勢の群衆に取り囲まれて、律法学者たちと議論していた。 9:15 群衆は皆、イエスを見つけて非常に驚き、駆け寄って来て挨拶した。 9:16 イエスが、「何を議論しているのか」とお尋ねになると、 9:17 群衆の中のある者が答えた。「先生、息子をおそばに連れて参りました。この子は霊に取りつかれて、ものが言えません。 9:18 霊がこの子に取りつくと、所かまわず地面に引き倒すのです。すると、この子は口から泡を出し、歯ぎしりして体をこわばらせてしまいます。この霊を追い出してくださるようにお弟子たちに申しましたが、できませんでした。」 9:19 イエスはお答えになった。「なんと信仰のない時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をわたしのところに連れて来なさい。」 9:20 人々は息子をイエスのところに連れて来た。霊は、イエスを見ると、すぐにその子を引きつけさせた。その子は地面に倒れ、転び回って泡を吹いた。 9:21 イエスは父親に、「このようになったのは、いつごろからか」とお尋ねになった。父親は言った。「幼い時からです。 9:22 霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました。おできになるなら、わたしどもを憐れんでお助けください。」 9:23 イエスは言われた。「『できれば』と言うか。信じる者には何でもできる。」 9:24 その子の父親はすぐに叫んだ。「信じます。信仰のないわたしをお助けください。」 9:25 イエスは、群衆が走り寄って来るのを見ると、汚れた霊をお叱りになった。「ものも言わせず、耳も聞こえさせない霊、わたしの命令だ。この子から出て行け。二度とこの子の中に入るな。」 9:26 すると、霊は叫び声をあげ、ひどく引きつけさせて出て行った。その子は死んだようになったので、多くの者が、「死んでしまった」と言った。 9:27 しかし、イエスが手を取って起こされると、立ち上がった。 9:28 イエスが家の中に入られると、弟子たちはひそかに、「なぜ、わたしたちはあの霊を追い出せなかったのでしょうか」と尋ねた。 9:29 イエスは、「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と言われた。

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。

「あの人は目覚めていないよ。」「この人はちゃんと目覚めているよ。」
と誰かが自分の基準で、目覚めとはこう言うものだ、と決めることはできません。
誰かが違うと思ったとしても、神様あなたに与えられる目覚めは目覚めなのです。
誰かと比べたり、何かの基準で自分を追い詰めたり、
私たちは何に追われているのでしょうか。
いつも私に「あなたはそのままでいい」と、私のそのままを受け入れて下さる神様、
あなたに私の心を向けることができますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して今、
み言から聴くお一人お一人へ、そしてお一人お一人の心にあるお一人お一人へと
神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。
このお祈りを、主イエスキリストのみ名によって、み前にお捧げ致します。

アーメン

『イエスは「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と言われた。』
マルコ9:29

おはようございます。
弟子たちはイエス様に「この種のものは、祈りによらなければ決して追い出すことはできないのだ」と言われた時、
すぐに「何言ってんですか、私たちはちゃんと祈りましたよイエス様!」
と言いたかったかもしれませんが、聖書にはそのような弟子たちの言葉は載っていません。
また「お前たちは何をやってるんだ、私の弟子なんだからちゃんとしなさい。」と
イエス様が言われているわけでもありません。
「どうすれば良かったのですか?」とイエス様に聞いた弟子たちに、
イエス様は静かに「祈りが必要なのだよ。」と答えられるだけです。

「祈り」とは何でしょうか。
「祈り」が叶ったから神様を信じるのでしょうか?
いいえ違います。神様を信じているから「祈る」のです。

先日、病院で知り合っていつも仲良くしていた50代の友人が亡くなりました。
私はその友人が具合悪くなって入院されたと聞き、
毎晩のように「おやすみ」と「お祈りしています」と携帯のメールに送り続けました。

ある日、友人から「いつもお祈りしてもらってるのに、ちっとも良くならないのは何で?」
と返信があり、友人がとても追い詰められて、苦しいことが
手に取るように私に伝わって来ました。
このようにしか私には返信出来ませんでした。

「◯◯さんが願っているようにはならないかもしれませんが、
◯◯さんを大切にされている神様に私は祈っているから大丈夫だよ。」

今となっては、私より先に神様の御もとへと逝かれておられる友人のほうが
神様から答えて頂いていると思うのです。

「祈り」とは、神様がお造りになられた全ての一人一人を
神様が大切にして下さっていると信じるから、
神様に心を向けて全てを委ねることなのです。
決して、神様に「ああしろ」「こうしろ」と命令することではありません。

神様は大切なあなたに今、何が一番必要かご存知です。
ただ、あなたがご自分に心を向けて祈ることを、神様は待たれておられます。