ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ6:25-34
6:25 「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。 6:26 空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。 6:27 あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。 6:28 なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。 6:29 しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。 6:30 今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。 6:31 だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。 6:32 それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。 6:33 何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。 6:34 だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」

 

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めを与えて下さりありがとうございます。

私たちは、神様あなたに与えられる恵みの中を生かされています。
でも、生きていることをあまり窮屈に感じないで自由に生かされています。
今ある自分の命も、この「時」も、いろいろな出会いも、
神様あなたに与えられているのに、なんだかあって当たり前に思ったり
奪われる時には神様あなたを恨んでしまったりします。
当たり前にあるものは一つもなく、全てのものが神様、
あなたが一人一人に与えられるかけがえのないものであると、
いつも感謝できますように。

これから語られますみ言、この語る者を通して今、
み言から聴くお一人お一人へ、そしてお一人お一人の心にあるお一人お一人へと
神様あなたがお語り下さい。

この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。
このお祈りを、主イエスキリストのみ名によって、み前にお捧げ致します。

アーメン

 

『だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」』マタイ6:34

 

おはようございます。
今、ご一緒にお読みした聖書の中で、イエス様は「明日のことまで心配してはいけない。
神様の恵みは、あなたに必要なものは十分に与えられているんだから。」
と命令されておられるわけではありません。
明日のことまで考えてしまい、心配になってしまう私たちのことを
一番良くわかって下さっておられるのはイエス様です。
でも、私たち一人一人に必要なものを神様が与えて下さっておられることも
イエス様はご存知です。
だから、やさしく静かに言われます。
「あなたは明日のことまで心配しなくてもいいんだよ。
明日に限らず今も、そしていつも神様からあなたに必要なものは十分に与えられています。」と。

私は進行性の難病です。イエス様にいくら「先のことは心配しなくていいよ。」と言われても、
自分はいつ車椅子になってしまうのだろうか。いつ字がかけなくなるのだろうか。
いつ。。。と切りがなく恐怖に襲われてしまうことが多いような気がします。
他の病気や老いの現実を抱えている方も、同じように恐怖で心がつぶされそうな方も多いかもしれません。
「今日が一番若い」と言われた方がいます。老いを感じた方の正直な気持ちだと思いました。

そうです。私たちには今というかけがえのない「時」が与えられています。
それは過ぎ去った時でも、これから来る時でもない、今というかけがえのない「時」です。
そして、かけがえのない今という「時」が重なって、明日になり、来年になります。
明日のことを心配して、今与えられているかけがえのない「時」を忘れてしまったり
明日への恐怖で見過ごしてしまうことは、私たちには多いのではないでしょうか。

『だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。
その日の苦労は、その日だけで十分である。」』と聖書から語られます。

そして私たち一人一人に、やさしくイエス様は語られます。
「あなたに今というかけがえのない「時」を与えている。
共に今と言うかけがえのない「時」を生きましょう。」