ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

イザヤ6:1ー8
6:1 ウジヤ王が死んだ年のことである。わたしは、高く天にある御座に主が座しておられるのを見た。衣の裾は神殿いっぱいに広がっていた。 6:2 上の方にはセラフィムがいて、それぞれ六つの翼を持ち、二つをもって顔を覆い、二つをもって足を覆い、二つをもって飛び交っていた。 6:3 彼らは互いに呼び交わし、唱えた。「聖なる、聖なる、聖なる万軍の主。主の栄光は、地をすべて覆う。」 6:4 この呼び交わす声によって、神殿の入り口の敷居は揺れ動き、神殿は煙に満たされた。 6:5 わたしは言った。「災いだ。わたしは滅ぼされる。わたしは汚れた唇の者。汚れた唇の民の中に住む者。しかも、わたしの目は/王なる万軍の主を仰ぎ見た。」 6:6 するとセラフィムのひとりが、わたしのところに飛んで来た。その手には祭壇から火鋏で取った炭火があった。 6:7 彼はわたしの口に火を触れさせて言った。「見よ、これがあなたの唇に触れたので/あなたの咎は取り去られ、罪は赦された。」 6:8 そのとき、わたしは主の御声を聞いた。「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」わたしは言った。「わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。」

 

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。
そして、私たち一人一人に心を与えて下さりありがとうございます。
季節や外気に関係なく、私たちは人の温もりを感じたり、心を込めて何かを贈ったりします。
触ったり見たりできない確かなものも、私たちは神様に与えられています。
変化するいろいろな事や物の中でも、変わることのない確かなものも、
私たち一人一人に与えられていることを思い起こすことができますように。
これから語られますみ言、この語る者を通して今、
聖霊のお導きによって聖書から聴くお一人お一人と、
皆さんの心にあるお一人お一人へ、神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てを、神様あなたにお委ねいたします。
このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してみ前にお捧げ致します。

アーメン。

 

『わたしがここにおります。わたしを遣わしてください。』イザヤ6:8

 

おはようございます。
皆さんは、かくれんぼをしたことがありますか?
鬼の役になった子が皆で決めた数を数えたあとに、「もーいいかい」と言い、
「まーだだよ」と返事が返ってくると目隠しをしたまま待って、
もう一度「もーいーかい」と聞いて、「もーいーよ」って返事が返ってくると、
鬼の役になった子は、一目散に隠れて見えなくなった子たちを探し始めます。
ご自分にかくれんぼをやった経験がなくても、身近におられる子どもがやっているのを見かけたりしておられる方もおられると思います。
私の甥や姪たちも家に集まったら必ずやっていて、家中駆け回って一生懸命隠れます。
ただ、あまりにも隠れるのが上手で、鬼の役になった子がなかなか探してくれないと、
忘れられたんじゃないかと不安になって、自分から出てきてしまうこともあります。
人によっては本当に忘れられて、一緒に遊んでいた友達に帰られてしまい、
寂しい思いをされた方もおられるかもしれません。

 さて、今ご一緒にお読みした聖書の箇所にあるように、
「私はここにおります」なんて、かくれんぼでは言いません。
言ったらすぐにみつかってしまいます。でも、神様は鬼ではありません。
かと言って、私たち一人一人といつも共にいて下さる神様が、
あなたを見つけられないわけありません。
ましてや、あなたが自分から声を出さないから、神様があなたを忘れてしまうことはありません。

あなたは神様にとって、かけがえのない存在であり大切な大切な存在です。

「私はここにおります」と神様にあなたが言うことで、
あなた自身が自分の存在を、そのままの自分を今、受けいれるのです。
神様はあなたを忘れることはありません。
たとえ、あなたが不安になってしまうことがあっても、神様はあなたと共におられます。
あなた自身が神様と共にあることを、思い起こすことを待っておられます。

だから、あなたは決して一人ではないのです。
神様は、ご自分が造られ大切にされているあなたという存在が、
自分自身の存在を受けいれることを待っておられるのです。

神様は言われます。「あなたはそのままでいい。私と一緒に生きよう。」