ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ6:25-34
:25 「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。:26空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。:27あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。:28なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。 :29しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。:30今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。:31 だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。:32それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。 :33何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。:34だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。

私はこうあるべきだ。こうしたい。と私たちは自分の理想の姿や人へ完璧であるべきだと、人や自分に厳しくなったりします。それがいつしか一人歩きをしてしまい決まり事であるかのように、できない人やできない自分を否定してしまったり、だめな人間と決めつけてしまったりします。一人の人の命も私の命も大切な存在です。神様あなたに愛され生かされている今をいつも神様あなたに心を向けて感謝できますように。

これから語られます、み言、この語る者を通して今、聖霊のお導きによって聖書から聴くお一人お一人と皆さんの心に在るお一人お一人へ神様あなたがお語り下さい。この語る者の全てを神様あなたにお委ねいたします。このお祈りを主イエスキリストのお名前を通してみ前にお捧げ致します。アーメン。

『だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」』マタイ6:34

 おはようございます。私はこの仕事を始めた頃、自分はあと何年仕事が続けられるのか、とても不安でした。以前、働かせて頂いていた仕事を辞めて勉強し、牧師という仕事に再就職して普通の人でしたら前途洋々(?)かもしれませんが私にとっては自分の病気が進行性で現代の医学では治す方法がないとされている難病であることがわかってからの学びの時であり、再就職であったので「できて2、3年かなぁ」という気持ちでした。参加していた会議の会場でのことでした。あるお二人の牧師が自分たちの定年後の生活について話されておられるのを聞きました。そのお二人の話をお聞きしながら何十年後かの定年後の話ができるお二人がとても羨ましかったのを覚えています。その数年後、定年をお迎えになることなく、お二人の牧師はそれぞれの時に天に召されました。そして「あと2、3年働ければいい」と思っていた私は再就職で牧師になって14年目を迎えています。

 神様から静かに語りかけられます。『だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」』マタイ6:34

 私たちは誰に、この命を与えられているのでしょうか。

 誰が一人一人に時を与えて下さっておられるのでしょうか。

 私たち全ての一人一人は神様から命を与えられています。

 神様があなたにかけがえのない一瞬一瞬の時を与えて下さっています。

 そのように、あなたは大切な存在です。例え目で見えて触れることができる存在であっても、目では見えない触れることのできない存在であっても、かけがえのないあなたと言う存在が今、生かされています。