ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ21:1-11
1.一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山沿いのベトファゲに来たとき、イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、 2.言われた。「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつないであり、一緒に子ろばのいるのが見つかる。それをほどいて、わたしのところに引いて来なさい。 3.もし、だれかが何か言ったら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。すぐ渡してくれる。」 4.それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。 5.「シオンの娘に告げよ。『見よ、お前の王がお前のところにおいでになる、/柔和な方で、ろばに乗り、/荷を負うろばの子、子ろばに乗って。』」 6.弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにし、 7.ろばと子ろばを引いて来て、その上に服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。 8.大勢の群衆が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は木の枝を切って道に敷いた。 9.そして群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」 10.イエスがエルサレムに入られると、都中の者が、「いったい、これはどういう人だ」と言って騒いだ。 11.そこで群衆は、「この方は、ガリラヤのナザレから出た預言者イエスだ」と言った。

祈り)天の神様、私たち一人一人に新しい目覚めをありがとうございます。

「今日もいい天気だ一日がんばろう。」といつも思えるわけではありません。ただ、いつもこう思って一日を始めたいと思うことはたくさんあります。どういう一日が待っているか誰もわかりません。ただ、私たち一人一人を大切にしていて下さる神様が与えて下さる一瞬一瞬です。そのことを思い起こし勇気を持って生かされていかれますように。これから語られますみ言、この語る者を通して神様あなたがここにおられるお一人お一人へとお語り下さい。この語る者の全てを神様あなたへお委ね致します。アーメン

『。。。「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつないであり、一緒に子ろばのいるのがみつかる。それをほどいて、わたしのところに引いて来なさい。もし、だれかが何か言ったら『主がお入り用なのです』と言いなさい。すぐ渡してくれる。」』マタイ21:2.3

 おはようございます。イエス様はエルサレムという当時の都に入られる時にろばを必要とされます。それも子ろばを必要とされます。イエス様は足が痛くて歩けなかったのでしょうか?理由はイエス様にしかわかりません。ただその時にイエス様は子ろばを必要とされました。しかも子ろばと一緒にいたろばも共に引き連れて来られることで、子ろばに必要な安心も与えたまま、子ろばを必要とされました。

 「私にはあなたが必要です。」なんて人に言われた方も少なくないかもしれません。

でも神様であるイエス様に「わたしにはあなたが必要です。」と言われたことのない方は一人もいません。命ある全ての一人一人の方が神様に必要とされているからです。

 私はこのようなことを言われたことがあります。「娘は神様に必要とされないから死んだのでしょうか?」その時にどのような言葉を選んでお伝えできたのかは、具体的な言葉は覚えていません。しかしこのような思いをお伝えしたと思います。

「神様は見えて形あるものも、見えないで形無いものも、命在るものを必要とされます。神様に必要とされない命の存在は無いのではないでしょうか。」

 神様に必要とされる命の存在は見える見えないとか形があるか無いかは関係がないのです。ただ、一つ一つの命は大切に神様によって造られるのです。神様の持たれる目的のために必要なのでは無く、あなたがあなたであることが大切であり、神様はそれを必要とされるのです。

 神様は今,何が何でも手段を選ばずに子ろばを引き連れて来られるようにではなく、聖書で語られている子ろばのように、私たち一人一人も安心して生きるそのままを必要とされるのです。

 神様は言われます。「わたしにはあなたが必要です。」