ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

「あなたは生まれ故郷、父の家を離れて、わたしが示す地に行きなさい」

創世記12章1節

信仰の父と言われ、旧約聖書に登場するアブラハムは、現在のユダヤ人の先祖ともいうべき人物で聖書によるとカルデアのウル(ユーフラテス川の下流に位置する)の出身でした。アブラハムは年75才の時、大いなる国民となるという神の約束を信じて、故郷を去り、新しい土地へ出立することになりました。とくに決まった土地があるわけでもなく、神が行けといわれるのでアブラハムは故郷を出たのです。あてのない旅でした。アブラハムは神から命じられたまま約束を信じて故郷を出るのです。

信仰は冒険を求めます。人生の旅には、先がはっきりしないのに、どうしても先へ進まなければならない時があるものです。先に何があるか分からないが、あると信じて一歩を踏み出す冒険のような旅が始まるのです。しかし信仰による冒険は運を天に任せることとはちがいます。運を天に任せるとは、そうなるか、ならないかは結果を見ないと分かりません。しかし信仰は、結果よりもかならずそうなると信じて一歩を踏み出す勇気を与えます。それこそ「委ねる」ところに発見する生き方です。