ルーテルアワー聖書通信講座 人生の悩みに答えるキリスト教入門

マタイ18:1-5

祈り)
天の神様、新しい目覚めをありがとうございます。
色々な目覚めの迎え方があり、一人一人の目覚めは違います。
はっきりと周りの人にわかるように目覚める人はたくさんおられるかもしれませんが、
たとえば瞼がうまく開かず、目が開けることができないとしても
「おはよう」と言葉がうまく人にわかるように発せないとしても
一人一人の目覚めを神様はちゃんと受け取って下さいます。
感謝をすることを思い起こせるとき、どんなに小さなささいなことも
神様が与えて下さる恵みの中を今、生かされていると思う事ができますように。

これから語られますみ言葉、この語る者を通して
ここにおられるお一人お一人へと神様あなたがお語り下さい。
この語る者の全てをお委ねいたします。
このお祈りを、主イエスキリストのお名前によってお祈り致します。

アーメン。

 

おはようございます。
暑い時汗をかくことや喉が乾いて水や飲み物が欲しくなること、
いろんな小さなことが私たちの体の反応として起こります。
たまに我慢をしてしまうと、それがたとえ意識されていないとしても
この時期であったら熱中症であったり脱水症状であったり、
体に異変が起こったりして慌てます。
だから、こまめに水分や栄養を補給することや、あまり暑い時間ではない時間を選んで
適度な運動をする必要があります。
それと同じように心にもこまめな休みや栄養が必要です。
しかし、熱中症や脱水症状は起こるのかもしれませんが、わかりにくいし、
本人にしかわからないで済んでしまうので我慢してしまったり、
自身が我慢していることさえ忘れてしまうことがあります。
皆さんが礼拝でみ言葉に聴き祈る時間は、心の水分補給をしているのです。
なぜかというと神様は一人一人の心と体の健康を守るスペシャリストだからです。

今朝、ご一緒にお読み致しました聖書の箇所に書かれている言葉は、
私たちにはもう手遅れで不可能なことなのではないかと思われるかもしれません。
何も子どもにかえりなさいとイエス様が言われているわけではなく、
もうすでに大人であっても子どもであっても、老人であっても、
神様にとって一人一人の人間は子どもなのです。
子どもは親に大切にされ愛され信じられています。
たとえ自分がそう感じることが少ないとしても、
命が与えられている一人一人の全ての人が神様に愛され信じられています。
だから安心して生きてていいとイエス様は言われます。
わざわざ子どものようになることを考え悩むことは必要ありません。
今一人一人は神様から愛され信じられています。
では、私たち人間はどうすればいいのか。それは愛され信じられている命の存在として生かされて、
今があることを思い起こすときに安心すればいいのです。
心の水分補給をたくさんして今日も安心して生きたいと思います。